<CONTINETAL CUP2018パリ世界大会>ナスリ選手「FIFA19はマニュアルキーパーが重要になると思う」【準々決勝後インタビュー】

<CONTINETAL CUP2018パリ世界大会>ナスリ選手「FIFA19はマニュアルキーパーが重要になると思う」【準々決勝後インタビュー】

10月27日『FIFA 19』によるeスポーツの世界大会「CONTINENTAL CUP 2018 Presented by PlayStation®」(以下「CONTINENTAL CUP 2018」)が2日目を迎えた。前日、世界王者MSドッサリ選手を破り、勢いを増す日本代表ナスリ選手(大会での登録名はWeb nasri)が決勝トーナメントに登場。

勢いのまま決勝トーナメント1回戦は、香港代表のジーザス選手を相手に完勝する。そして続く準々決勝は、アメリカ代表のジョクサン選手と対戦。

<CONTINETAL CUP2018パリ世界大会>ナスリ選手「FIFA19はマニュアルキーパーが重要になると思う」【準々決勝後インタビュー】


1st Legを2対3の結果で惜しくも落とすと、2nd Legも意地と意地がぶつかり合う熱戦を演じる。最終的には、両者譲らず2対2の同点で試合終了。2試合の合計得点を4対5とし、惜しくも世界ベスト4を逃した。

■マッチレポート記事は以下のリンク
<CONTINENTAL CUP2018パリ世界大会>日本代表ナスリ選手は準々決勝でアメリカ代表ジョクサン選手に惜敗 ベスト4進出ならず

ナスリ選手は得意のシュート「エル・トルネード」(リフティングでボールを上空に上げ、バイシクルシュートを放つ大技)を2発決め、観客を大いに沸かせ、一時はアウェイゴール差により得点を上回ることもあった。しかし、ジョクサン選手の速く激しい中盤の守備にボールを奪われ失点を重ね、また幾度かあったシュートの決定機も、相手ゴールキーパーのマニュアル操作で絶妙に位置取りをされ防がれた。

<CONTINETAL CUP2018パリ世界大会>ナスリ選手「FIFA19はマニュアルキーパーが重要になると思う」【準々決勝後インタビュー】


以下、試合後のナスリ選手のインタビューをお伝えする。

■ナスリ選手試合後インタビュー

<CONTINETAL CUP2018パリ世界大会>ナスリ選手「FIFA19はマニュアルキーパーが重要になると思う」【準々決勝後インタビュー】


――惜しくも負けてしまいました
悔しいです。シンプルに。シンプルに力負けしたのが悔しいです。

――ジョクサン選手の印象は
ジョクサン選手はとても強かったです。一番凄いと感じたのは、キーパーを動かすマニュアル操作がとても上手かったことです。また、ボールの回し方と攻撃の展開も上手かったと思います。

――マニュアルキーパーについて
常にシュートコースを切られていました。あそこまでキーパーを動かしてくる人は、僕の知る限りいないです。日本でも世界でもいないのではないでしょうか。

ワントラップの体勢から、いかにもコントロールシュートを打とうとするタイミングでは、マニュアルキーパー操作でシュートを止められることは良くあります。しかし、ジョクサン選手は、近くのダイレクトシュートでも、(マニュアルキーパー操作を)してきたので凄いなと思いました。

――マニュアルキーパーの流れが来るのでしょうか
そうですね。まだFIFA19の新シーズンが始まったばかりですので、マニュアルキーパーを使いこなせる選手は少ない状況です。マニュアルキーパーが試合展開に「プラスに働く場面」と「マイナスに働いてしまう場面」がまだ分からないのですが、その情報が揃ってきたら僕もトライしていきたいです。

――通用した部分は? エル・トルネードは2回決めました
正直、通用した部分はあまり無いです。今はまだ、エル・トルネードだけですね。

――今後の改善点は
特にフォーメーションの部分で、FIFA19のプレイスタイルをもっと試行錯誤していかないと難しいと思いました。

例えば、4-2-3-1のフォーメーションに苦手意識があります。今回、ジョクサン選手のフォーメーションは4-2-3-1でした。6月のアムステルダム大会で負けた2人の選手、ニコラス選手(FCバーゼル所属)とマルヴ選手(レヴァークーゼン所属)も4-2-3-1でした。トップ選手で4-2-3-1フォーメーションを使用する人は多くいますので、それに通用するフォーメーションを探す必要性を感じています。

――珍しくボールを刈り取られていました
ちょっと、(自分の得意とする)4-4-2フォーメーションだと選手間の距離が、4-2-3-1フォーメーション相手だと遠いのです。ですので、4-4-2以外にもこの(世界トップ)レベルで通用するフォーメーションを探さないといけないと思いました。

――ベスト8に対する自己評価は
意外と上に行けたので、ちょっと自信がつきました。特に攻撃におけるパス回しについては良かったと思います。

――テクニカルなパス回しに観客は沸いていました
自分のパス回しは、ヨーロッパの選手にはなかなかいないタイプと言われることが多いので、そのようなテクニックをもっと(観客に)見せられたらと思います。

――今後についての抱負を
11月のグローバルシリーズは(今大会に出場したことでスケジュール的に)もう出られませんが、12月から先のシリーズは、毎回できるだけ日本代表として出場できるように頑張りたいです。また、もし出たら良い成績を残せるように頑張ります。

ジョクサン選手試合後インタビュー

<CONTINETAL CUP2018パリ世界大会>ナスリ選手「FIFA19はマニュアルキーパーが重要になると思う」【準々決勝後インタビュー】


――試合の感想を
(ナスリ選手という)強い相手だから、とても大変な試合だった。昨シーズンの大会で素晴らしい実力を見せたナスリ選手のことは当然チェックしてきたよ。

彼にボールを持たせたら危険なことは分かっていた。だから、できるだけボールをキープしようとしたよ。上手くできたところもあれば、やられたところもあったね。

――エル・トルネードを2発やられました
エル・トルネードは予測がしにくいから守備が難しいんだ。明日の決勝戦では、僕がエル・トルネードでゴールを決めることを望むよ。

(取材●VAMOLA eFootball News編集部)

あわせて読みたい

VAMOLA eFootball Newsの記事をもっと見る 2018年10月29日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。