森崎ウィン(PRIZMAX)、4年振り2度目となる生誕祭を開催!

森崎ウィン(PRIZMAX)、4年振り2度目となる生誕祭を開催!
拡大する(全11枚)

森崎ウィン(PRIZMAX)、4年振り2度目となる生誕祭を開...の画像はこちら >>

【さらに写真を見る】森崎ウィン・生誕祭の様子

超国際派ダンスボーカルユニット・PRIZMAXのメインボーカルであり、スティーブン・スピルバーグ監督作品『レディ・プレイヤー1』への出演でハリウッドデビューも果たした森崎ウィンが、8月23日に浅草花劇場にてBirthday Live『Be Free』を開催した。「ここまで歌いっぱなしなのは初めて」という1時間半ノンストップのステージに、PRIZMAXの持ち歌やソロ曲から森崎自身が作詞・曲を手掛けたナンバーをふんだんに盛り込んで、スタイリッシュで温かみのある“森崎ウィンワールド”を展開。さらに幅広いジャンルからのカバー曲も織り交ぜ、アーティストとしての懐の広さも示しつつ、卓越した歌唱力と天性のリズム感、そして数々の俳優経験で培ってきた表現力を最大限に発揮して、アーティストとしての新たな第一歩を満員のホリック(PRIZMAXファンの呼称)たちの前で刻んでみせた。

森崎ウィン(PRIZMAX)、4年振り2度目となる生誕祭を開催!
Photo by 笹森健一 画像 2/11

ソロライブを行うのは、4年前の生誕ライブ以来2度目となる森崎ウィン。3日前の8月20日に29歳の誕生日を迎えた彼を祝おうと大勢のファンが詰めかけ、二部制にもかかわらずチケットはすべてソールドアウトとなった。そんなホリックたちの期待に応えるべく、この日のために制作されたライブと同名の新曲「Be Free」で、幕開けから客席を総立ちにさせた彼の装いは、濃紺&臙脂のストライプの三つ揃いに蝶ネクタイ! 普段は見られないフォーマルなスタイルで歓声を呼ぶと、“今夜は恥ずかしがらないで、知りたければ伝えて”という英詞で始まるリリックの通り、心躍るテンポと「一緒に歌って!」という掛け声でオーディエンスの心を解放してゆく。何ものにも縛られず、ただ素直な心で自分の音楽を楽しんでほしい――『Be Free』というライブタイトルは、そんな彼の願いの表れなのだろう。


この記事の画像

「森崎ウィン(PRIZMAX)、4年振り2度目となる生誕祭を開催!」の画像1 「森崎ウィン(PRIZMAX)、4年振り2度目となる生誕祭を開催!」の画像2 「森崎ウィン(PRIZMAX)、4年振り2度目となる生誕祭を開催!」の画像3 「森崎ウィン(PRIZMAX)、4年振り2度目となる生誕祭を開催!」の画像4
「森崎ウィン(PRIZMAX)、4年振り2度目となる生誕祭を開催!」の画像5 「森崎ウィン(PRIZMAX)、4年振り2度目となる生誕祭を開催!」の画像6 「森崎ウィン(PRIZMAX)、4年振り2度目となる生誕祭を開催!」の画像7 「森崎ウィン(PRIZMAX)、4年振り2度目となる生誕祭を開催!」の画像8
「森崎ウィン(PRIZMAX)、4年振り2度目となる生誕祭を開催!」の画像9 「森崎ウィン(PRIZMAX)、4年振り2度目となる生誕祭を開催!」の画像10 「森崎ウィン(PRIZMAX)、4年振り2度目となる生誕祭を開催!」の画像11
編集部おすすめ

当時の記事を読む

森崎ウィンのプロフィールを見る
WWSチャンネルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「森崎ウィン」に関する記事

「森崎ウィン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「森崎ウィン」の記事

次に読みたい「森崎ウィン」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク