鶯籠(とりかご)が初のバンドセットツアーを完走!「僕はライブを勝ちに持っていきたい」

鶯籠(とりかご)が初のバンドセットツアーを完走!「僕はライブを勝ちに持っていきたい」

【さらに写真を見る】鶯籠(とりかご)が初のバンドセットツアーを完走!「僕はライブを勝ちに持っていきたい」

5人組アイドルユニット「鶯籠」(とりかご)が11月17日(日)、東京・渋谷WWWにて『新宿・渋谷バンドセットツアー // 「屋根裏」 in 渋谷WWW』を開催した。

鶯籠(とりかご)が初のバンドセットツアーを完走!「僕はライブを勝ちに持っていきたい」
鶯籠 Photo by 釘野孝宏 画像 2/6
鶯籠(とりかご)が初のバンドセットツアーを完走!「僕はライブを勝ちに持っていきたい」
鶯籠 Photo by 釘野孝宏 画像 3/6

バンドセットメンバー、鶯籠メンバーがステージに登場し、『流転』からライブはスタート。その後はシリアスな雰囲気が漂う『赤い春』へと続き、『B突堤』『頻く頻く』『泪』と畳み掛けるように楽曲は続いていく。『JAM』『自分で蒔いたの。種は。』はメンバーがフロアと掛け合いをしているかのような空間を作り出し、幻想的な空気に包まれる『森』まで8曲連続の披露で駆け抜けた。
曲明けのMCでは、点点が「ツアーファイナル盛り上がってますかー!」とフロアに呼びかけ、次の曲は今回のツアータイトルにもなっている『始祖』『プロペラ』『屋根裏』ということを紹介。今回初披露となる『屋根裏』の紹介ではメンバーそれぞれから“みんな共感できる曲” “懐かしく感じる” “一人の人生を見ているような曲” “散歩している時に聞きたい” “自分の中の落差がある曲”など様々な感想が語られた。
その後、今回の新宿・渋谷ツアーで初披露をしていった『始祖』『プロペラ』、今回のライブで初披露となった『屋根裏』を3曲連続で披露。『プロペラ』ではメンバーが円になって回転する振付に合わせ、ファンも同様に回転するなどステージとフロアがシンクロする場面もあった。新曲の初披露の後は集まったファンと集合の記念撮影を行い、本編は終了した。


あわせて読みたい

WWSチャンネルの記事をもっと見る 2019年11月18日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。