DISH//、伝説の一夜が再び!今夏も野外ワンマンライブの開催が決定!

DISH//、伝説の一夜が再び!今夏も野外ワンマンライブの開催が決定!
DISH// 画像 6/11
DISH//、伝説の一夜が再び!今夏も野外ワンマンライブの開催が決定!
DISH// 画像 7/11
DISH//、伝説の一夜が再び!今夏も野外ワンマンライブの開催が決定!
DISH// 画像 8/11
MCでは、匠海がツアーのタイトルについて、「最大規模の野外ライブを経て、一段も二段もステップアップするツアーにするために、自分たちに覚悟ができるのか?って突き詰める意味もあり、その覚悟を全国の皆さんに受け取ってもらおうというツアーでした」と説明。今ツアーを振り返り、「僕らとしても成長できているという実感もあるし、ちゃんと受け取ってくれるみんながいるから成立している」と感謝の気持ちを伝えたあと、このツアーのために用意したという「お楽しみコーナー」へ突入。大智がヴォーカルを務めるロックチューン「SECRET」や柊生がラップするシティポップ「音花火」、昌暉が切なく歌い上げるエールソング「誰にでもあるでしょう」、匠海が優しく温かい歌声を響かせた’90sR&B「明日を見つめて」と、新たな一面をみせるソロ曲をメドレーで披露した。

「北村匠海 + 交際」のおすすめ記事

ライブの後半戦は、楽器を演奏しながら踊るDISH//独自のダンスロックスタイルで「HIGH-VOLTAGE DANCER」「BEAT MONSTER」でスタートし、コニファーフォレストに向けてリリースされた「NOT FLUNKY」や匠海が“ぽっかり空いた気持ちをそのまま歌詞に書き留めた”という最新曲のバラード「PM5:30」をパフォーマンス。さらに、壮大なスケール感のアンセム「DAWN」から、「JUMPer」「I’m FISH//」「勝手にMY SOUL」といったライブでおなじみのナンバーを続けて会場の熱気とテンションを引き上げ、最後に「This Wonderful World」を晴れやかな表情で真っ直ぐに届け、大きな盛り上がりの中で本編は締めくくられた。


あわせて読みたい

北村匠海のプロフィールを見る
WWSチャンネルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「北村匠海 + 映画」のおすすめ記事

「北村匠海 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「クリス・プラット」のニュース

次に読みたい関連記事「クリス・プラット」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月5日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 北村匠海 Instagram
  2. 北村匠海 交際
  3. 北村匠海 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。