【コラム】日向坂46 加藤史帆、オードリー 若林正恭の優しさに「ハマりたい」思いを爆発!「ずっとリモートでいいかも!」<日向坂で会いましょう>

       

【コラム】日向坂46 加藤史帆、オードリー 若林正恭の優しさに「ハマりたい」思いを爆発!「ずっとリモートでいいかも!」<日向坂で会いましょう>

【さらに写真を見る】日向坂46 加藤史帆、「若林さんにハマりたい!」

5月17日に放送された『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)では、「見たい!聞きたい!話しタイ! 総集編で尺をヒッパレ」と題してメンバーからもう一度見たい名場面を自宅からプレゼンしてもらう初のリモート収録を行った。普段はスタジオでMCのオードリーと日向坂46のメンバーが様々な企画に挑戦するが、新型コロナウイルスの感染拡大防止から使用ができない状況が続くため、このような収録方式が取られた。


【こんなに褒めてくれるなら、ずっとリモートでいいかも!】

収録にはオードリーの若林正恭春日俊彰が制作会社の一室から、自宅にいるメンバーと中継を繋いで行われ、加藤史帆、小坂菜緒、佐々木久美、佐々木美玲東村芽依、新3期生の高橋未来虹(※「高」は「はしごだか」が正式表記)の6名が参加した。
お互いに初めての挑戦で手探りで収録が進められる中、前回の放送でダントツのカットシーンの多さから「カット女王」の称号を得た加藤が「今日はカットされないように頑張ります!」と意気込みをコメント。
それを受け若林は「こうやって一人ずつ映ってるのを見ると美人ですね」と普段の収録では見せない甘さを見せると「えっ、やだー恥ずかしい」と手で顔をおさえる場面も見られた。

というのも、加藤は若林派を公言し、事あるごとに「若林さんにハマりたい!」とあの手、この手で絡み行く姿は番組の名物シーンの一つだ。本気で照れる加藤は「こんなに褒めてくれるなら、ずっとリモートでいいかも!」と喜びを爆発させた。すかさず若林も「いろんな番組でリモート収録してきたけど透明感がすごい」と褒めると、「家にいておかしくなっちゃったんですか?」というに佐々木久美のツッコミもよそに、「嬉しいー、どうしよう!?」と乙女な表情を浮かべた。


あわせて読みたい

WWSチャンネルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「久住小春」のニュース

次に読みたい関連記事「久住小春」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月23日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。