【コラム】渡辺麻友が演じた「ネズミ」に魅了されたあの頃

【コラム】渡辺麻友が演じた「ネズミ」に魅了されたあの頃
       

【コラム】渡辺麻友が演じた「ネズミ」に魅了されたあの頃の画像はこちら >>

【さらに写真を見る】渡辺麻友が演じた「ネズミ」に魅了されたあの頃

6月1日、元AKB48で女優の渡辺麻友が芸能界より引退を発表した。

所属事務所である「プロダクション尾木」の発表によると、「健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい」との申し入れを受け、「身体の事を最優先に考え、本人の意思を尊重」とし、2020年5月31日に契約を終了したと説明した。
また、この当日夜には渡辺より最後のツイッターが投稿され、そこには「これまで関わって下さった皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました!」と感謝メッセージを寄せ、未明にアカウントを閉鎖した。

電撃引退の第一報から一日。
突然の発表と渡辺に関する各種報道にまだ現実を受け止めきれずにいるが、この機会に彼女について振り返りたいと思い執筆する事を決めた。

渡辺は2006年、AKB48の3期生として合格し、翌2007年にチームBのメンバーとしてデビュー。高めのツインテールと「み~んなの目線を、いただきまゆゆ~。まゆゆこと渡辺麻友です」のキャッチフレーズがAKB48の妹キャラとして活躍していた。

【コラム】渡辺麻友が演じた「ネズミ」に魅了されたあの頃
2016年の「神宮外苑花火大会」にて。渡辺は雨の中、センターでパフォーマンスを届けた ※編集部撮影 画像 2/4
【コラム】渡辺麻友が演じた「ネズミ」に魅了されたあの頃
2016年の「神宮外苑花火大会」にて。 ※編集部撮影 画像 3/4

筆者がAKB48を知ったのは中学生の頃。当時、AKB48は“国民的アイドルグループ”と呼ばれ始めた頃で、クラスの中では「推しメンは誰?」、「誰が一番可愛い?」という話題で昼休みが終わった事もしばしばあった。
筆者の中ではこの頃放送されていたドラマ『マジすか学園』に出演していた渡辺の印象が強く残っている。本作はAKB48のメンバーが出演する学園ヤンキードラマで、「馬路須加女学園」(まじすかじょがくえん・通称マジ女)を舞台に、転校生の前田敦子(本人役)が次々と現れる刺客を己の拳で倒しテッペン(頂点)を目指していくというもの。中でも渡辺が演じた「ネズミ」は、ピンクのパーカーを深く被り、ガムを噛みながら「ケンケンパ」のリズムで登場するシーンは衝撃的だった。


あわせて読みたい

渡辺麻友のプロフィールを見る
WWSチャンネルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「渡辺麻友 + 視聴率」のおすすめ記事

「渡辺麻友 + 視聴率」のおすすめ記事をもっと見る

「渡辺麻友 + 朝ドラ」のおすすめ記事

「渡辺麻友 + 朝ドラ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「大島優子」のニュース

次に読みたい関連記事「大島優子」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月2日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 渡辺麻友 Instagram
  2. 渡辺麻友 ドラマ
  3. 渡辺麻友 卒業

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。