東京事変書き下ろしの新曲「赤の同盟」が2020年夏クール、日本テレビ系新水曜ドラマ 『私たちはどうかしている』主題歌に決定!浜辺美波、横浜流星からのコメント掲載!
拡大する(全1枚)

東京事変書き下ろしの新曲「赤の同盟」が2020年夏クール、日...の画像はこちら >>

【さらに写真を見る】東京事変書き下ろしの新曲「赤の同盟」

2020年、閏年の“再生”を表明し、今春8年ぶりの新作となるEP『ニュース』をリリースした東京事変。
この度、東京事変が書き下ろした新曲「赤の同盟」が、8月12日(水)スタートの日本テレビ系新水曜ドラマ『私たちはどうかしている』の主題歌に決定した。

原作は講談社「BE・LOVE」で連載中、累計発行部数200万部超の「私たちはどうかしている」(安藤なつみ著、既刊12巻) 。浜辺美波演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人、花岡七桜(はなおか・なお)と、横浜流星演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿(たかつき・つばき) が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄される物語。


同ドラマ制作スタッフからの主題歌制作のオファーを受け、東京事変が楽曲を制作した。
幼なじみで初恋の相手でありながら、"容疑者の娘"と"被害者の息子"となってしまった二人が、15年の時を経て再会。愛憎入り乱れ“どうかしている”関係性を描いた主題歌、「赤の同盟」。
ドラマ本篇と共に期待して欲しい!


◆主題歌制作に寄せた東京事変コメント

この度は目眩く原作と華やかな配役に否が応でも期待高まる
新作ドラマ主題歌をご注文くださり、ありがとうございます。
昨今人と人との結び付きを物理的なぶぶん以外で感じ、捉える
べき状況が繰り広げられています。しかしもともと他者を慮る
には並々ならぬ知性つまり優しさが要りますよね。全く異なる
都合を抱える者同士、いかに差し障ってゆけるか考える切欠を
もたらす本ドラマ、みなさんといま分かち合いたいものです。