『エプソン チームラボボーダレス』がリニューアル!ギネスにも認定されたデジタルアートミュージアムで新しい体験を!

『エプソン チームラボボーダレス』がリニューアル!ギネスにも認定されたデジタルアートミュージアムで新しい体験を!
拡大する(全5枚)

『エプソン チームラボボーダレス』がリニューアル!ギネスにも...の画像はこちら >>

【写真】『エプソン チームラボボーダレス』

お台場にある『エプソン チームラボボーダレス』が、2021年7月にリニューアルオープンした。

2018年にオープンし、2019年は1年間で約220万人もの来館者数を記録。
『単一アート・グループにおいて世界で最も来館者が多い美術館』としてギネス世界記録にも認定された、大人気の体験型デジタルアートミュージアムだ。


5つのエリアに分かれており、『運動の森』のエリアに新しい作品が登場した。

身体を動かしながらアートの世界を体験できる『運動の森』は、複雑で多様な遊びをする場が少ない現代の子供たちが、身体による立体的思考を育めるようにとつくられた。
「インビジブルな世界のバランス飛石」は、大小の飛石の上を落ちないように歩きゴールを目指す作品。

『エプソン チームラボボーダレス』がリニューアル!ギネスにも認定されたデジタルアートミュージアムで新しい体験を!
写真:大久保瑛美 画像 2/5

飛石に乗ると音が鳴り、色や作品が変化していく。
柔らかく不安定な石もあるのでバランス感覚が重要となる。


誰もが小さい頃に遊んだであろう「ケンケンパ」を作品に取り入れた「弾む水の天才ケンケンパ」は、床一面の水を光のアートで表現。

『エプソン チームラボボーダレス』がリニューアル!ギネスにも認定されたデジタルアートミュージアムで新しい体験を!
写真:大久保瑛美 画像 3/5

水の上に描かれた丸や三角・四角をケンケンパの要領で踏み進んでいく。
踏むと、音と共に鳥や蝶などの生き物が出現。
踏んだ時の水面の波紋まで、人の動きに合わせてリアルに再現されている。


「タイフーンの上のエアリアルクライミング」は、公園のアスレチックにある丸太渡りのようにロープに吊られたカラフルな棒の上を渡っていく作品。


この記事の画像

「『エプソン チームラボボーダレス』がリニューアル!ギネスにも認定されたデジタルアートミュージアムで新しい体験を!」の画像1 「『エプソン チームラボボーダレス』がリニューアル!ギネスにも認定されたデジタルアートミュージアムで新しい体験を!」の画像2 「『エプソン チームラボボーダレス』がリニューアル!ギネスにも認定されたデジタルアートミュージアムで新しい体験を!」の画像3 「『エプソン チームラボボーダレス』がリニューアル!ギネスにも認定されたデジタルアートミュージアムで新しい体験を!」の画像4
「『エプソン チームラボボーダレス』がリニューアル!ギネスにも認定されたデジタルアートミュージアムで新しい体験を!」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

WWSチャンネルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク