青柳翔主演、パルコ・プロデュース『三十郎大活劇』上演決定
拡大する(全2枚)

青柳翔主演、パルコ・プロデュース『三十郎大活劇』上演決定の画像はこちら >>

【写真】パルコ・プロデュース『三十郎大活劇』に出演する青柳翔

この度、2022年4月に、東京・新国立劇場 中劇場、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて、青柳翔主演のパルコ・プロデュース『三十郎大活劇』が上演されることが決定した。

■戦前の、激動の日本映画史の中で、一夜にしてスターとなった紅三十郎とその仲間たち。
映画と愛と平和を愛した彼らの青春物語。

パルコ・プロデュースでは2020年に鈴木聡の名作『阿呆浪士』(1994年初演)をラサール石井の演出により上演し、装い新たなエンターテインメント時代劇として大成功を収めた。相性抜群の名タッグ、鈴木聡脚本、ラサール石井演出で、この度リバイバルさせるのは、一夜にして銀幕スターに駆け上がった若者・紅三十郎を主人公にした、94年初演の物語『三十郎大活劇』。

物語は、第二次世界大戦に今にも突入せんとする頃から始まる。激動の社会情勢を映したような日本映画史のなかで、たった十数年ほどの日本映画黄金期を迎えた時期でもあった。日本初のトーキー映画が誕生し、日本映画はサイレント(無声)からトーキー(有声)へと大きな改革を迎えた。しかし戦争の足音は近づき、映画は政府の統治下に置かれ、戦意高揚の宣伝メディアとして多数の国策映画が製作される。そんな中、のちに日本を代表する映画監督となる黒澤明が監督デビューを果たすなど、日本映画は大きなうねりの中にあった。


この記事の画像

「青柳翔主演、パルコ・プロデュース『三十郎大活劇』上演決定」の画像1 「青柳翔主演、パルコ・プロデュース『三十郎大活劇』上演決定」の画像2