<マイスモールランド> 嵐莉菜、家族と舞台挨拶に登壇! 「演技で人を感動させることができるんだと初めて感じた」
拡大する(全7枚)

<マイスモールランド> 嵐莉菜、家族と舞台挨拶に登壇! 「演...の画像はこちら >>

【写真7枚】家族と舞台挨拶に登壇した莉菜

是枝裕和監督が率いる「分福」気鋭の新人監督・川和田恵真監督による商業映画デビュー作であり『万引き家族』×『ドライブ・マイ・カー』スタッフが手がけたことでも注目を浴びる作品『マイスモールランド』(公開中)。

在留資格を失い、普通の高校生としての日常が奪われてしまった17歳の在日クルド人の主人公サーリャ(嵐莉菜)が理不尽な社会と向き合いながら、自分の居場所を探し、成長していく物語を描いた本作。5月7日、主演の嵐莉菜、奥平大兼、川和田恵真監督、そしてなんと劇中で主人公サーリャの家族を演じ、嵐莉菜の本当の家族でもあるアラシ・カーフィザデー、リリ・カーフィザデー、リオン・カーフィザデーが勢揃いする公開記念舞台挨拶を開催した。

本作を映画化するにあたって川和田監督の背中を押した、同じ「分福」チームである大先輩・是枝裕和監督からの激励の手紙が届くなど、始終温かさにあふれたイベントとなった。

<マイスモールランド> 嵐莉菜、家族と舞台挨拶に登壇! 「演技で人を感動させることができるんだと初めて感じた」
映画『マイスモールランド』舞台挨拶(※提供写真) 画像 2/7
<マイスモールランド> 嵐莉菜、家族と舞台挨拶に登壇! 「演技で人を感動させることができるんだと初めて感じた」
映画『マイスモールランド』舞台挨拶(※提供写真) 画像 3/7

自身も5カ国のルーツを持ち、ViVi専属モデルとして活躍中の現役高校生でありながら、映画初出演にして見事初主演・サーリャ役を務め上げた嵐莉菜。嵐と同じくオーディションで選ばれ、劇中でサーリャの家族を演じたのが実際の嵐の家族であることに触れられ「信じられない光景というか、私の家族にとって貴重な経験だと思ってます」と感謝。川和田監督も、アムネスティ国際映画賞《特別表彰》に輝いたベルリン国際映画祭に参加した際、「(キャストクレジットの」名前を見て『本当に家族なのか?』という質問や、『この家族は今も暮らせているのか?』など、映画の出来事が現実の物語だと勘違いしているような質問も頂いた」と、本当の家族だからこそ醸し出すことができた<家族の空気>がベルリン国際映画祭の観客に響いていたことを振り返った。


この記事の画像

「<マイスモールランド> 嵐莉菜、家族と舞台挨拶に登壇! 「演技で人を感動させることができるんだと初めて感じた」」の画像1 「<マイスモールランド> 嵐莉菜、家族と舞台挨拶に登壇! 「演技で人を感動させることができるんだと初めて感じた」」の画像2 「<マイスモールランド> 嵐莉菜、家族と舞台挨拶に登壇! 「演技で人を感動させることができるんだと初めて感じた」」の画像3 「<マイスモールランド> 嵐莉菜、家族と舞台挨拶に登壇! 「演技で人を感動させることができるんだと初めて感じた」」の画像4
「<マイスモールランド> 嵐莉菜、家族と舞台挨拶に登壇! 「演技で人を感動させることができるんだと初めて感じた」」の画像5 「<マイスモールランド> 嵐莉菜、家族と舞台挨拶に登壇! 「演技で人を感動させることができるんだと初めて感じた」」の画像6 「<マイスモールランド> 嵐莉菜、家族と舞台挨拶に登壇! 「演技で人を感動させることができるんだと初めて感じた」」の画像7