【ライブレポート】ジャニーズWEST、「メトロック 2022」で音楽フェス初出演!熱く楽しいパフォーマンスを届ける
拡大する(全3枚)

【ライブレポート】ジャニーズWEST、「メトロック 2022...の画像はこちら >>

【写真】「メトロック 2022」で念願の音楽フェス初参戦を果たしたジャニーズWEST

5月14日、ジャニーズWESTが『OSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2022』に出演し、熱いステージを繰り広げた。

多くの人のジャニーズWESTの認識は、『大阪のパワーを持った、底抜けに明るいアイドルグループ』だろう。ただ、それと同じくらい7人を生かしているのが、彼らに宿ったロックなスピリットだ。だから、太陽のもとで歌うロックフェスがよく似合う。「いつかフェスに出たい」と口にしていたジャニーズWESTが、音楽フェスに初めてラインナップされたのは『METROCK2021』だった。しかし、新型コロナウィルス拡大の影響で敢えなく中止。幻となりかけた夢は、『METROCK2022』大阪公演でかなうことになった。

【ライブレポート】ジャニーズWEST、「メトロック 2022」で音楽フェス初出演!熱く楽しいパフォーマンスを届ける
ジャニーズ WEST<METROCK 2022>」(※提供写真) 画像 2/3

出番は5月14日、15時30分。BAY FIELDのステージ前には、開演時間前から多くのオーディエンスが集まっていた。せっかくなら見てみようかと、ノリや興味本位でステージ前にやってきた音楽ファンも多い。大阪という地元でありながら、ロックの祭典というある種、アウェイな場所。挑戦者の覚悟を持った7人が会場のクラップに迎えられ、ステージに駆け込んできた。

重岡大毅の「やっちゃうぜー」という叫びで、アクトの始まりを告げた。オープニングは、グループの大事な場面で1曲目として歌ってきたデビュー曲『ええじゃないか』。軽やかにイントロで体を揺らした次の瞬間、メトロック初歌いの出だしから、重岡が「ひとつひとまずメトロック」と即興の替え歌にすると、すかさずメンバーが「メトロック」と合いの手を入れ、続く中間淳太小瀧望も歌詞を“メトロック”に変えてのっかる。出番直後にして、初見のオーディエンスまで笑顔にしてしまった。たった1曲の間に、客席は彼らの振りをマネて踊る人の輪が広がっていった。


この記事の画像

「【ライブレポート】ジャニーズWEST、「メトロック 2022」で音楽フェス初出演!熱く楽しいパフォーマンスを届ける」の画像1 「【ライブレポート】ジャニーズWEST、「メトロック 2022」で音楽フェス初出演!熱く楽しいパフォーマンスを届ける」の画像2 「【ライブレポート】ジャニーズWEST、「メトロック 2022」で音楽フェス初出演!熱く楽しいパフォーマンスを届ける」の画像3