SKE48・荒井優希、本物のリングで「Over the To...の画像はこちら >>

【写真】本物のリングで「Over the Top」初披露した荒井優希

名古屋・栄を拠点に活動するアイドルグループ・SKE48が、名古屋国際会議場イベントホールで行われた東京女子プロレスの大会に参戦。ミニライブを行った。

SKE48・荒井優希、本物のリングで「Over the Top」初披露!
SKE48・荒井優希、本物のリングで「Over the Top」初披露!
SKE48(C)東京女子プロレス 画像 2/3
SKE48・荒井優希、本物のリングで「Over the Top」初披露!
SKE48・荒井優希、本物のリングで「Over the Top」初披露!
SKE48(C)東京女子プロレス 画像 3/3関連写真特集(3枚)

この日試合に参加する荒井優希を先頭に青木詩織、岡本彩夏、青木莉樺、伊藤実希がリング上に登場。四方からの大きなコールとサイリウムの光の中、SKE48の代表曲「チョコの奴隷」、「賛成カワイイ!」をパフォーマンス。ミニライブ参加メンバーは全員チームKIIのメンバーであることから、新公演「時間がない」より荒井が参加するユニット曲「Over the Top」を披露。劇場ではステージをリングに見立てた演出で披露されるが、今回本物のリング上での初披露となった。

荒井以外の4名はリングに上がるのは初めて。青木莉樺は「楽しみすぎて朝の5時まで眠れなかった」というほど。

みんなで喜んで感想を話していると会場が突如暗転。スクリーンに青木詩織の写真が映し出され、4月15日(土)の後楽園ホール大会でレフェリーデビューするということがサプライズ発表された。青木詩織は当日までの特訓を誓い、荒井の得意技の「Finally」(かかと落とし)のネーミングの由来となった「片想いFinally」でミニライブを締めくくり、メンバーはリングを後にした。

試合では荒井がプロレスの師匠である山下実優とタッグを組みアジャコング&宮本もか組と対戦。放送席では福士奈央が実況で参加する中、宮本もかから勝利するも悔しさを爆発させる結果となった。