ヤクルト、16連敗ストップの舞台裏。交流戦での逆襲に期待だ

 6月2日、午前8時10分。三塁側ベンチ前でヤクルトの石井琢朗打撃コーチは、早出練習で黙々とバットを振り込んでいるDeNAの宮崎敏郎とあいさつを交わすと、外野に向かいポール間のランニングを始めた。20分ほど走り、三塁ベンチ前でストレッチをする頃には、DeNAの選手たちが外野でアップを始めていた。

 石井コーチに「走っている間は無心なのですか?」と聞くと、こう返ってきた。

「いろいろ考えています。いちばん考えることのできる時間ですからね」

ヤクルト、16連敗ストップの舞台裏。交流戦での逆襲に期待だ

連敗を16で止め、試合後に安堵の表情を見せるヤクルトの選手たち

 チームは前日の完封負けでセ・リーグワーストタイの16連敗となり、この日のDeNAとの試合に敗れると不名誉な記録更新となってしまう。

「連敗を抜け出すきっかけは何度かあったと思っています。とくにホームラン3連発で勝てなかった試合ですかね。あれで『これでも勝てないのか』と、気持ち的にドーンと重くなってしまった。もうここまできたら技術とかじゃないです。技術は持っていますし、本当にちょっとのきっかけというか、その時のめぐり合わせというか……。そのなかで僕らは、選手たちをいかに気持ちよく打席に立たせてあげられるか。そのことばかり考えています」

 石井コーチが言った”ホームラン3連発”とは、5月26日の中日戦(神宮球場)のことで、3回裏に青木宣親山田哲人、ウラディミール・バレンティンの3者連続ホームランでリードを4点差に広げるも、結局8―10で逆転負け。これでチームの連敗は11となった。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る 2019年6月4日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。