強い名古屋が戻ってきた。4戦白星なしでも悲観する必要なし

 Jリーグ第15節。今季、旋風を巻き起こしている大分トリニータが、ホームに名古屋グランパスを迎えた。ともに連敗中で、優勝争いに踏みとどまるには、両チームとも勝ち点3がほしい試合だった。

 大分はコパ・アメリカに出場する岩田智輝が不在。名古屋も相馬勇紀がトゥーロン国際大会に参加中だったが、エースのジョーがケガから復帰した。
 
 試合は予想どおり、名古屋が主導権を握る。前線から3人、4人と人数を揃えてプレッシャーをかけ、大分のミスを誘って何度もチャンスを作った。

 しかし、ビックチャンスを最初に作ったのは大分だった。前半22分、ペナルティエリア内でオナイウ阿道がボールを落とすと、そのボールを小塚和季が藤本憲明にパス。シュートはDFに当たり、こぼれたボールをフリーになった藤本が再びシュートするが、ふかしてしまった。その1分後にも、藤本が前線で相手からボールを奪うと、そのままペナルティエリア内左に侵入し、ファーサイドにクロスを上げる。しかし、オナイウのヘッドは右に外れた。

 その後は再び名古屋が主導権を握る時間帯が続くが、決定機を作れない。すると前半38分、それまで名古屋の前線からの守備に苦しんでいた大分が、右サイドでその守備をはがすことに成功。抜け出した松本怜のクロスを、逆サイドの三竿雄斗がシュート。名古屋GKランゲラックが弾いたボールをオナイウが押し込み、大分が先制して前半を終えた。

強い名古屋が戻ってきた。4戦白星なしでも悲観する必要なし

大分トリニータ戦で同点ゴールを決めた宮原和也(名古屋グランパス)

 後半に入ると、名古屋がギアを上げる。後半7分、長谷川アーリアジャスールに代えて前田直輝を投入すると、その1分後、左サイドで和泉竜司が仕掛け、ゴール前にグラウンダーの強いパスを送ると、ファーサイドに詰めていた宮原和也が合わせて同点に追いついた。

 その後は、名古屋がセカンドボール拾いまくり、ほとんどハーフコートでの試合になる。復帰したジョーが起点となり、何度も決定機を作ったが、大分のGK高木駿のファインセーブやDF陣の体を張った守備により、ゴールを決め切れなかった。一方の大分は終盤になってようやく名古屋ゴールに迫るが、頼みの藤本はほとんど孤立したままで決定機を作れなかった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

webSportivaの記事をもっと見る 2019年6月16日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「京都サンガF.C.」のニュース

次に読みたい関連記事「京都サンガF.C.」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京ヴェルディ」のニュース

次に読みたい関連記事「東京ヴェルディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。