「久保建英よりも、小野伸二」。中田浩二が「奇跡的」と語る黄金世代

世界2位の快挙から20年……
今だから語る「黄金世代」の実態
第9回:中田浩二(3)

 1999年のFIFAワールドユース(現在のU-20W杯)・ナイジェリア大会で準優勝を果たし、2002年日韓W杯でベスト16進出を果たしたフィリップ・トルシエ監督は、05年1月、”フラット3”の体現者のひとりであった中田浩二を、当時指揮していたマルセイユに「助っ人」として獲得した。

 そこには、中田への強い信頼感が見て取れる。

「久保建英よりも、小野伸二」。中田浩二が「奇跡的」と語る黄金世代

1999年ワールドユースでプレーする中田浩二 photo by Yanagawa Go

 当時、海外へ渡り活躍していた日本人選手は中盤の選手が多く、ディフェンダーとしての海外移籍は非常に稀だったのだ。

「ナイジェリアワールドユースから世界を意識し始めて、代理人をつけました。2年後に(小野)伸二、イナ(稲本潤一)、タカ(高原直泰)が海外に出ていって、自分も早く彼らに追いつきたい、追い越したいという気持ちが強かったです。05年にようやくマルセイユに移籍できましたけど、僕らの時は本当に海外移籍のハードルが高くて大変でした。今じゃ考えられないですけどね(苦笑)。伸二たちが海外に行って結果を出したからこそ、今の選手が海外に行きやすくなったのは間違いないと思います」

 中田はマルセイユに移籍後、06年1月にスイスのバーゼルに移籍した。07-08シーズンではリーグ優勝とスイスカップの2冠を達成し、08年に鹿島に復帰。その後も鹿島でプレーしつづけ、14年に現役を引退した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 久保建英 U-20ワールドカップ
  2. 久保建英 バルセロナ
webSportivaの記事をもっと見る 2019年6月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「柴崎岳」のニュース

次に読みたい関連記事「柴崎岳」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。