宝塚記念は5歳馬2頭に期待。今年苦戦中も馬場適性と血統はバッチリや

 6月23日、阪神競馬場で”春のグランプリ” GI宝塚記念(芝2200m)が行なわれる。

 今年はGI天皇賞・春(京都・芝3200m)を勝ったフィエールマンこそ出走しないものの、6頭のGI馬が顔を揃えた。今年の大阪杯(阪神・芝2000m)や一昨年の皐月賞(中山・芝2000m)を勝ったアルアイン、昨年の大阪杯を勝ったスワーヴリチャード、昨年のエリザベス女王杯(京都・芝2200m)を勝ったリスグラシュー、昨年の天皇賞・秋(東京・芝2000m)と一昨年の日本ダービー(東京・芝2400m)を勝ったレイデオロ、一昨年の菊花賞(京都・芝3000m)馬のキセキ、2016年の日本ダービー馬のマカヒキと、豪華な顔ぶれとなっている。

 この中で中心視したいのがレイデオロ(牡5歳/美浦・藤沢和雄厩舎)だ。

宝塚記念は5歳馬2頭に期待。今年苦戦中も馬場適性と血統はバッチリや

昨年末の有馬記念で2着に入ったレイデオロ

 今年初戦のGIドバイシーマクラシック(メイダン・芝2410m)は押し出される形で先頭に立ち、自分のリズムで走れず6着に敗れたが、当日のパドックでエキサイトしたことからレース前の消耗も激しかった。しかし、昨年の天皇賞・秋は1馬身1/4差の完勝で、GI有馬記念も稍重馬場に苦しみながらクビ差の2着と健闘しており、このメンバーに入れば上位争いは必至だろう。

 レイデオロは、宝塚記念と同じ芝2200mで1勝3着1回。昨年のGⅡオールカマー(中山・芝2200m)では、アルアインを並ぶ間もなく差し切って力の違いを見せている。さらに阪神コースでは、3歳時に一昨年のGⅡ神戸新聞杯(芝2400m)を勝利するなど、コース、距離ともに問題ない条件だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

webSportivaの記事をもっと見る 2019年6月20日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「高松宮記念」のニュース

次に読みたい関連記事「高松宮記念」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有馬記念」のニュース

次に読みたい関連記事「有馬記念」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「天皇賞」のニュース

次に読みたい関連記事「天皇賞」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。