宝塚記念の穴馬パターンは3つ。該当する3頭と紅一点で気分爽快だ

宝塚記念の穴馬パターンは3つ。該当する3頭と紅一点で気分爽快だ

 上半期を締めくくるGI宝塚記念(阪神・芝2200m)が6月23日に行なわれる。

 GI日本ダービー(東京・芝2400m)をはじめ、春のGIシリーズは波乱のレースが続いている。そうした流れからすると、宝塚記念も平穏に収まることはないだろう。

 実際、近年の宝塚記念は荒れ模様。過去5年で、3連単では20万円超えの高配当が3回も出ている。昨年も、7番人気のミッキーロケットが金星を挙げて、2着に10番人気のワーザー、3着に12番人気のノーブルマーズが入って、3連単は49万2560円の高額配当となった。

 ならば、今年も荒れることを想定したい。波乱づくしの上半期の締めくくり、と考えればなおさらだ。そこで、過去10年の結果をヒントにして、高配当を演出する穴馬を導き出してみたいと思う。

 まず注視したいのは、重賞実績が豊富ながら、GIでは力不足と思われている馬だ。

 この穴馬パターンは、宝塚記念では”お決まり”と言っていいほど、その例は非常に多い。2010年に8番人気で優勝したナカヤマフェスタをはじめ、2011年に6番人気で勝利を飾ったアーネストリー、2015年に6番人気で勝ったラブリーデイ、さらには先に触れた昨年の覇者ミッキーロケットら、勝ち馬だけでもこれだけいる。

 他にも、2013年のダノンバラード(5番人気2着)、2014年のカレンミロティック(9番人気2着)、2018年のノーブルマーズ(12番人気3着)なども同様のタイプで、それぞれ重賞勝ちや重賞では好走を繰り返していながらも、「GIで勝ち負けはどうか?」と思われて、伏兵扱いにとどまっていた。

 そして、今年の出走馬を見渡してみると、こうしたパターンに当てはまりそうな馬が今回も複数いた。そこからもう少し絞り込むため、ここではいくつか条件をプラスしたい。

 ひとつは、過去10年で7歳馬が馬券圏内(3着以内)に絡んだのは、昨年のワーザーのみ、という点。外国馬の同馬を例外扱いにすれば、今回は重賞2勝馬ながらタツゴウゲキ(牡7歳)は外れることになる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

webSportivaの記事をもっと見る 2019年6月21日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「高松宮記念」のニュース

次に読みたい関連記事「高松宮記念」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有馬記念」のニュース

次に読みたい関連記事「有馬記念」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「天皇賞」のニュース

次に読みたい関連記事「天皇賞」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。