人生初の大スランプにおさらば。今永昇太は複数の新感覚をつかんだ

 DeNAの今永昇太は、瞳に若干の影を宿し、ポツリと言った。

「あのままだったら、プロ野球選手としては短命というか……正直、自分は大丈夫なのかと考えましたよね。実際、開幕戦を投げるまで不安でしたから」

人生初の大スランプにおさらば。今永昇太は複数の新感覚をつかんだ

今シーズン、開幕から好調を続けているDeNA今永昇太

 今季、球界ナンバーワン左腕の呼び声が高い今永は内観する。春先まで昨シーズンの残像が脳裏に焼きついていた。左肩の違和感で出遅れるとリーグ最多の11敗を喫し、完全に自分を見失ってしまった。なぜ調子が上がらないのか、ストライクの取り方さえもわからなくなってしまった。マウンドの上で孤独に、ただただ戸惑うだけの自分がいた。野球を始めてから経験したことのないスランプ、そして挫折だったと言う。

 だが今永は朽ちることなくよみがえり、不死鳥のごとくマウンドで躍動している。

「今はこうすればいい、こうなったらダメという自分の体の特性や修正ポイントをきちんと理解しているので、あまり心配はしていないんです。微調整をするイメージで、これは去年にはなかった感覚ですね」

 復活の転機となったのは、昨年の秋季キャンプだ。木塚敦志コーチと大家友和コーチに見てもらい、フォームと体の使い方を徹底的に修正した。木塚コーチの言葉が深く印象に残っている。

「今永の投げ方はそうじゃないだろう。もっと箱のなかで回転するような、狭い狭い路地を最短距離で体が入れ替わるようなフォームだったはずだ」


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月21日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。