W杯で苦しむなでしこジャパン。カギを握るのは負傷離脱組の復帰

 FIFA女子ワールドカップのグループDは、通過順位をめぐって第3戦までもつれた。日本とイングランドは互いに決勝トーナメント進出を決めていたが、通過順位にこだわったのはノックアウトステージ後の対戦相手によるところが大きい。1位で通過し、指定各グループ3位の上位1チームとの対戦になるか、2位となり強豪が集うグループEの1位と当たるか。手にしたい順位は明白だ。

W杯で苦しむなでしこジャパン。カギを握るのは負傷離脱組の復帰

勝ちたいと臨んだイングランド戦に敗れても前を向いた鮫島彩

「とにかくイングランドに勝ちたい」と話した鮫島彩(INAC神戸)は、ノックアウトステージを見据えたものではなく、純粋にこの一戦での勝利を欲していた。3月のシービリーブスカップ(She believesCup)のイングランド戦では、サイド攻撃からのクロスであっけなく3失点しており、「あまりにも何もできずにやられた。でも、ここから修正はできるので、この敗戦があってよかったと言えるようにしたい」と這い上がる決意をみなぎらせていた。

 しかし結果は0-2で、またしても完敗。鮫島は「自分たちの布陣が崩れた瞬間にやられている。最後どれだけ踏ん張れるのかは、修正できると思います」と、また新たな課題に向き合う姿勢を見せた。

 対するイングランドは、フィリップ・ネビル監督が「日本戦のために考えたローテーション」と言うように、グループリーグ3戦を完璧にコントロールしていた。日本が前半にペースを掴み切れなかったのは、イングランドのスタメンが想定と異なっていたため、対応に戸惑ったのだろう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. なでしこジャパン メンバー
  2. なでしこジャパン 監督
  3. なでしこジャパン 試合
webSportivaの記事をもっと見る 2019年6月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「なでしこジャパン + 試合」のおすすめ記事

「なでしこジャパン + 試合」のおすすめ記事をもっと見る

「なでしこジャパン + 監督」のおすすめ記事

「なでしこジャパン + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ヤングなでしこ」のニュース

次に読みたい関連記事「ヤングなでしこ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。