宝塚記念は波乱の余地あり。有力GI馬6頭の中に不気味な存在がいる

宝塚記念は波乱の余地あり。有力GI馬6頭の中に不気味な存在がいる

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今年も、早くも上半期の総決算を迎えます。「春のグランプリ」と言われるGI宝塚記念(阪神・芝2200m)が6月23日に行なわれます。近年は施行時期が遅くなって、かなり暑い時期に開催されることもあって、「夏のグランプリ」と言われることもありますね。

 その暑さと梅雨時期ということも相まって、ここ最近、競馬自体は思わぬ決着になることが多くなっています。実際、一昨年のキタサンブラック(9着)など、圧倒的な人気馬があっさり敗れたり、昨年のノーブルマーズ(12番人気で3着)のように、かなりの人気薄馬が好走したり、波乱が続出しています。

 そして今年も、現役ナンバー1の存在と言えるアーモンドアイや、昨年末のGI有馬記念(12月23日/中山・芝2500m)を勝ったブラストワンピースが出走してこなかったため、6頭のGI馬が名を連ねながらも、伏兵馬の台頭があってもおかしくないメンバー構成となりました。波乱の余地が十分にありそうですね。

 おそらく1番人気は、ファン投票でもアーモンドアイに次ぐ2位に支持されたレイデオロ(牡5歳)になるのでしょうか。

 一昨年のダービー馬で、3歳時に挑戦したGIジャパンC(東京・芝2400m)でも2着と奮闘。昨年もGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)を制して、有馬記念も2着と、現役屈指のトップホースであることは間違いありません。たしかにその実績は、今回のメンバーの中ではナンバー1と言えるでしょうね。

 ただ、昨年に続いて今年も海外GIのドバイシーマクラシック(UAE・芝2410m)に挑戦しましたが、昨年(4着)よりも着順を落としました(6着)。着順だけで単純に評価はできないとはいえ、今年の内容は見せ場すらなかっただけに、気になる敗戦でした。

 もともと気性的にうるさいところもあるのでしょう。今年のレースではイレ込みが激しかったように思えます。今回は、実績ある阪神コース。さすがにドバイの時のようなことはないと思いますが、馬自体の状態が立ち直っているかどうかは、わかりません。レースで結果を出すためには、その点がカギになるでしょうね。


あわせて読みたい

気になるキーワード

webSportivaの記事をもっと見る 2019年6月22日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日本ダービー」のニュース

次に読みたい関連記事「日本ダービー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「菊花賞」のニュース

次に読みたい関連記事「菊花賞」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「秋華賞」のニュース

次に読みたい関連記事「秋華賞」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら