【新車のツボ157】トヨタRAV4。戦略転換もイケイケでタフ感UP

 トヨタは、今年4月に国内デビューしたRAV4の受注状況について、発売から1ヵ月強となる5月15日時点で約2.4万台を受注したと発表した。2.4万台というとRAV4の国内月間販売目標(3000台)の8倍にあたるから、初期受注は好調といっていい。

 ただ、販売台数の成否は瞬間的なスタートダッシュではなく、ある一定の長い目で判断しなくてはならない。よって、今回トヨタが発表した受注状況のなかで、台数以上に注目すべきツボは”購入者のうちの約4割が20~30代”と”全体の9割が4WDモデル”という部分だと思う。

 日本で新型RAV4を買った4割が20~30代……という前者の事実は、”若者のクルマばなれ”がさけばれる現代ニッポンで、なんともポジティブな話題である。また、RAV4では2.0リッター車と2.5リッターハイブリッドの両方に安価な2WDも用意されているのに、販売全体の9割が4WD……という点にも注目したい。

 新車の初期受注は、上級グレードに人気が集まる傾向にあるのは事実だが、この高い4WD比率は、新型RAV4が趣味や遊びに使い倒す”ヨンク”として、きちんと認識されている証拠でもある。

【新車のツボ157】トヨタRAV4。戦略転換もイケイケでタフ感UP


 1990年代半ばに登場した初代RAV4の衝撃は、アラフォー以上の世代ならご記憶だろう。それまでヘビーデューティ設計のクロスカントリー車ばかりだった当時の”ヨンク”界隈に、軽量コンパクトかつ洒脱なデザインで姿を現した初代RAV4は、間違いなくエポックメイキングな存在だった。従来のクロスカントリー車がトラックと同じ独立フレーム構造だったのに対して、RAV4は普通の乗用車と同じモノコックボディ構造だったのが大きな特徴で……と、ここまで書けばお気づきのように、初代RAV4は今風の”SUV”の元祖といえる1台でもあった。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る 2019年6月25日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。