なでしこ熊谷の涙。若手のチャレンジを支えたベテラン4人の想い

なでしこ熊谷の涙。若手のチャレンジを支えたベテラン4人の想い
       

 なでしこジャパンのワールドカップが終わった。グループリーグから決勝トーナメントに進み、この大会4試合目で打ち破るべき壁の前に立った――。最後は混戦からオランダ代表のフィフィアネ・ミデマーのシュートがブロックに入った熊谷紗希(オリンピック・リヨン)の腕に当たってハンドの判定になり、VARでも判定は覆らずPKに。これが日本にとって、トドメの一撃となってしまった。

なでしこ熊谷の涙。若手のチャレンジを支えたベテラン4人の想いの画像はこちら >>

オランダ戦後、最後にピッチに集まったベテランたち

「なんとしても前半は耐えて無失点」

 選手たちは口々にそう語っていた。ひとたびリードを許せば、追いつく力が今の自分たちにはないと自覚していた。だからこそ、警戒していたセットプレーで先制点を奪われた時には、嫌な予感しか生まれなかった。オランダの3トップを抑えるために、ボールの出どころのアンカーをケアし、サイドはスピードが出る前にコースを切って対応。守備がハマりつつあっただけに、17分という早い時間帯で決められたことは計算外だった。

 ところが、この日のなでしこは前半のうちに追いついた。43分、杉田妃和(INAC神戸)、菅澤優衣香(浦和レッズレディース)とつないで岩渕真奈(INAC神戸)にボールが入ると、食いつく相手を得意のターンでかわし、DFの間を縫うように前線へボールを出す。絶妙なタイミングで裏へ抜けた長谷川がこれを落ち着いて決めた。グループリーグのままの日本であったら、0-1で折り返していただろう。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「なでしこジャパン」に関する記事

「なでしこジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月27日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. なでしこジャパン メンバー
  2. なでしこジャパン 監督
  3. なでしこジャパン 試合

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。