東京五輪まで1年。なでしこがW杯での敗戦から学ぶべきこと

東京五輪まで1年。なでしこがW杯での敗戦から学ぶべきこと

 なでしこジャパンがラウンド16で姿を消したFIFA女子ワールドカップは、終盤に差し掛かっている。決勝はアメリカ対オランダで、3位決定戦はイングランド対スウェーデンに決まった。日本が直接戦ったイングランド、オランダもここまで駒を進めてきた。上位進出国にあって、日本に足りなかったものは何だったのだろうか。

東京五輪まで1年。なでしこがW杯での敗戦から学ぶべきことの画像はこちら >>

三浦成美(左)と杉田妃和(右)の今後の成長に期待

 やはり、ケガ人の多さがチームの戦い方に多大な影響を及ぼしたことは言うまでもない。阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)の調整が遅れていることは、高倉麻子監督も百も承知で、それでもチームに不可欠という判断での招集だった。

 しかし、大会前には植木理子(日テレ・ベレーザ)が離脱、岩渕真奈(INAC神戸)は調整が必要になり、小林里歌子、籾木結花(ともに日テレ・ベレーザ)は、徐々に回復をしていったが、好調を取り戻すまでには至らなかった。

 大会期間中には、宇津木瑠美(シアトル・レインFC)、長谷川唯(日テレ・ベレーザ)と、スタメン起用が視野に入っている選手が次々と故障。”誰が出ても戦力が落ちない”チームを目指していたとはいえ、これだけ主力が欠ければ、練習で紅白戦を組むことすらできない。高倉監督は、さまざまなケースを想定していたはずだが、予想をはるかに超える厳しい現状であったことは事実だ。

 そんななか戦った4試合では、勝利につながる決定機も幾度かあった。しかし、それをモノにできたのは唯一勝利したグループステージ第2戦のスコットランド戦のみ。負けが許されないラウンド16でも、オランダを相手に岩渕をはじめ、菅澤優衣香(浦和レッズレディース)、長谷川、籾木結花(日テレ・ベレーザ)、杉田妃和(INAC神戸)と、チャンスはあった。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「なでしこジャパン」に関する記事

「なでしこジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月4日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. なでしこジャパン メンバー
  2. なでしこジャパン 監督
  3. なでしこジャパン 試合

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。