五輪メダル有望の男子リレー。カギはサニブラウンをどこで起用するか

 世界選手権ドーハ大会の代表が決まり、すでに発表されている男女マラソンと競歩を合わせた15名に続いて、今回の日本陸上競技選手権後に追加で選ばれた選手は男子6名、女子4名と少なかった。これは「優勝者で、なおかつ参加標準記録を突破している者のみ」という厳しい選考条件だったためだ。とくに男子短距離では、今回の日本選手権で2冠を達成した、サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が唯一の選出となった。

五輪メダル有望の男子リレー。カギはサニブラウンをどこで起用するか

リレーでも活躍に期待がかかるサニブラウン・ハキーム

 また、男子4×100mリレーと男女4×400mリレーの代表候補選手も発表された。リレーで一番メダルに近い、男子4×100mリレーの候補は、サニブラウンのほか、桐生祥秀(日本生命)と、小池祐貴(住友電工)、飯塚翔太(ミズノ)、多田修平(住友電工)、坂井隆一郎(関西大)、川上拓也(大阪ガス)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)。日本選手権の100mの2位から8位までの選手が順に入った。

 このほか、日本選手権200m4位の白石黄良々(きらら/セレスポ)と7位の橋元晃志(富士通)が候補入り。気胸のため日本選手権を欠場した山縣亮太(セイコー)も、これまでの実績や世界リレー、ゴールデングランプリ大阪での貢献度を加味されて選出された。

 日本選手権100m2位と3位の桐生と小池も、すでに参加標準記録(10秒10)を突破しており、リレーでも個人種目でも代表選出は確実だろう。このほか、山縣は気胸の治療が最優先になるものの、1走としての走りは世界トップレベルで、2走の起用もできるだけに欠かせない存在になる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

webSportivaの記事をもっと見る 2019年7月6日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら