三原舞依は難病にも負けず。体力を戻して憧れのプログラムに挑戦

三原舞依は難病にも負けず。体力を戻して憧れのプログラムに挑戦

全日本フィギュアシニア強化合宿に参加した三原舞依

 昨シーズンの三原舞依は、なかなか思いどおりにならない体調やコンディションのなか、持ち前の頑張りで、メダル争いに踏みとどまって戦っていた。万全でない状態だったこともあり、タイトルはひとつも取れず、表彰台を逃す4位に甘んじた試合が2大会(NHK杯と全日本選手権)あった。今季もまた、持病(関節に痛みが出る若年性特発性関節炎)と付き合いながらの戦いとなる。

 7月15日の全日本シニア強化合宿で久しぶりに見た三原は、少々心配になるくらいほっそりしていた。これについて本人はこう話している。

「オフシーズンは春からトレーニングを主にやっていて、陸上でのトレーニングをレベルアップさせつつやってきました。陸上トレーニングに力を入れた理由は、やっぱり基礎体力が本当にないので、つけていかないといけないということで、だいぶ前から続けていたトレーニングをちょっとレベルアップしてもらったという形です。春先にやっていた時点ではすごく手応えがあったんですけど、いまは(体力を)ちょっとまだ戻せていない状態なので、体力を戻すことに重点を置きながらやっています」

 ロシアの若手が続々とシニアに参戦してくる今季、三原はショートプログラム(SP)、フリーともに、挑戦的なプログラムを作ってきた。

「昨季はフリーが2シーズン目だったので、久しぶりにSPもフリーも両方とも新しくなったなと感じながら練習に取り組んでいます。やっと夏にフリーが完成して、SP、フリーともに振り付けが終わりました」

 SPは『La Gitana』でデイビッド・ウィルソン氏の振り付け。フリーの『フェアリー・オブ・ザ・フォレスト&ギャラクシー(ピアノバージョン)』は、三原が憧れる浅田真央のプログラムを長年手がけてきたローリー・ニコル氏が担当した。

「SPはデイビッドさんからは『スパイシーにやってほしい』と言われたんです。ピリッとくるような強い表現や柔らかい表現をやりつつ、女性らしく、ちょっと強い女性を演じ切れたらいいなと思っています。2年前にやっていたタンゴのプログラムがいま生きているなとすごく感じています。


あわせて読みたい

気になるキーワード

webSportivaの記事をもっと見る 2019年7月22日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「宇野昌磨」のニュース

次に読みたい関連記事「宇野昌磨」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「本田真凛」のニュース

次に読みたい関連記事「本田真凛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「紀平梨花」のニュース

次に読みたい関連記事「紀平梨花」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。