瀬戸大也が200m個人メドレー優勝で効果実感した「本当に嫌な練習」

記事まとめ

  • 世界水泳選手権大会の男子200m個人メドレーで、瀬戸大也が1分56秒14の自己ベストを更新して金メダルを獲得、東京五輪の内定を決めた。
  • 今回、乳酸に耐える力をつけるために疲れた状態から追い込んでいく「耐乳酸トレーニング」の成果が表れたそうだ。
  • 瀬戸は「あと1年間、本当に嫌なその練習を淡々と続けていけば、東京五輪でもいい結果がついてくるんじゃないか」と話した。

200m個人メドレー優勝。瀬戸大也が効果を実感した「本当に嫌な練習」

 世界水泳選手権大会、競泳5日目の男子200m個人メドレーで、瀬戸大也(ANA)が1分56秒14の自己ベストを更新して金メダルを獲得。東京五輪の内定を決めた。これまで、この種目は世界選手権と五輪を合わせても5位が最高だったが、今大会そこから一気に頂点に駆け上がった。

200m個人メドレー優勝。瀬戸大也が効果を実感した「本当に嫌な練習」

東京でも確実にライバルになる二人に勝ち、東京五輪内定を決めた瀬戸大也

 瀬戸は笑顔でこの試合を振り返る。

「もう最高です。積極的にいくと決めていたので、そこはブレずに、そして後半もビビらずにいけたところが勝因だと思います」

 じつは、この大会で瀬戸が最大の目標にしてきたのは、男子200個人メドレーではなく、2013年と15年世界選手権を連覇している400m個人メドレーだった。指導する梅原孝之コーチは、「200mに関しては自己新記録を出してメダルというのが目標だった」と言う。

 実際、瀬戸は4月の日本選手権で1分56秒69の自己ベストを出しているが、前回の世界選手権を制しているチェイス・カリシュ(アメリカ)は昨年1分55秒40の自己ベストを含めて、2度の1分55秒台を出している。

 さらに今年は、15年世界選手権で背泳ぎ2冠のミッチェル・ラーキン(オーストラリア)が個人メドレーに再挑戦して1分55秒72を出していた。大会前の瀬戸の世界ランキングは4位で、55秒台に突入しないと金メダルはないという状況だった。

 光州に入って調子の波があった瀬戸だったが、24日の午前中に200m個人メドレー予選に出場するとスイッチが入り、夜の200mバタフライ決勝では、積極的な泳ぎを見せて銀メダルを獲得している。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 瀬戸大也 W杯
  2. 瀬戸大也 五輪
  3. 瀬戸大也 大会
webSportivaの記事をもっと見る 2019年7月27日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「瀬戸大也 + 五輪」のおすすめ記事

「瀬戸大也 + 五輪」のおすすめ記事をもっと見る

「瀬戸大也 + 大会」のおすすめ記事

「瀬戸大也 + 大会」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「入江陵介」のニュース

次に読みたい関連記事「入江陵介」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら