森友哉の打棒が止まらない。野村克也以来、54年ぶりの快挙なるか

 史上4人目、パ・リーグでは野村克也氏(元南海)以来、54年ぶりの「捕手で首位打者」が現実味を帯びてきた。109試合を消化した8月17日時点で、西武森友哉が打率.338で首位打者争いのトップに立っているのだ(今季の成績は同日時点、以下同)。

森友哉の打棒が止まらない。野村克也以来、54年ぶりの快挙なるか

パ・リーグの首位打者争いでトップを走る西武・森友哉

 2位の吉田正尚(オリックス)は打率.328。フルスイングを持ち味とするふたりの争いになりそうだ。

「森はもともと持っている能力が高いので、特別に今年、何かが変わったということはない気がします」

 阿部真宏打撃コーチがそう話すように、高卒6年目の今季、森の打力がいきなり上がったわけではない。「プロに入ってきた時からすごかった」(阿部コーチ)という能力が、存分に発揮されているのだ。

「単純に、自分のバッティングをできている期間が長いというのがあります」

 8月13日のオリックス戦の前、森自身もそう話していた。

 今季は開幕から正捕手を務め、ここまでの先発マスクは90試合。すでに昨季(74試合)を上回っている。初めて「第一捕手」の位置づけとなった昨季は打率.275と、過去3年より数字を落としたが、先輩の秋山翔吾はこう見ていた。

「数字としては、彼の思っているものではなかったかもしれないですね。防御率や盗塁阻止率も、もっとできたはずですし、キャッチャーは苦しいなかでもマスクを被らないといけないですから」

 今季は炭谷銀仁朗がFAで巨人に移籍し、森は「第一捕手」から「正捕手」に格上げされた。チーム防御率は「4.24→4.54」、盗塁阻止率は「.373→.273」と、いずれも昨季より悪化している一方、秋元宏作バッテリーコーチは「投手とのコミュニケーションを含め、リード面で成長している」と評価する。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 森友哉 侍ジャパン
  2. 森友哉 年俸
webSportivaの記事をもっと見る 2019年8月19日の野球記事
「森友哉の打棒が止まらない。野村克也以来、54年ぶりの快挙なるか」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    野村さんは投手が次に何を投げるか、全部読んでいたからな。あれだけの頭脳を持っているのは他には江川卓さんくらいか。

    0
  • 匿名さん 通報

    言っておくが「空白の一日」を使ったズル入団は読売幹部が「これで問題ない」と若い江川氏を騙したのであって、江川氏がズルをしたかったわけではない。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「森友哉 + 侍ジャパン」のおすすめ記事

「森友哉 + 侍ジャパン」のおすすめ記事をもっと見る

「森友哉 + 年俸」のおすすめ記事

「森友哉 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中村剛也」のニュース

次に読みたい関連記事「中村剛也」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。