2年目のTリーグ開幕。男子は勢力図に変化も、ダントツ優勝候補は不変

2年目のTリーグ開幕。男子は勢力図に変化も、ダントツ優勝候補は不変
拡大する(全1枚)

 いよいよ8月29日(木)からTリーグの2シーズン目が開幕する。昨シーズンと比べチーム内の顔ぶれが変わり、それに伴い各チームの勢力図も変化。今回は男子の各チームの新戦力を含めた注目選手とともに、それぞれの戦力分析を行なっていく。

2年目のTリーグ開幕。男子は勢力図に変化も、ダントツ優勝...の画像はこちら >>

張本智和をはじめ、水谷隼丹羽孝希の日本トップ3が所属する木下。盤石の体制だ

 Tリーグの初代王者である木下マイスター東京は、今シーズンも優勝候補筆頭だ。全日本選手権10回の優勝を誇る水谷隼と、今や日本のエースである世界ランク日本人最高位の張本智和のダブルエースは残留。そこにさらなる戦力として、琉球アスティーダから世界ランキング10位の丹羽孝希が加入した。これで世界ランク日本人男子トップ3が所属することになり、昨シーズン以上の圧倒的な成績での2連覇が期待される。

 しかし、昨シーズンはシングルスで層の厚さを見せたものの、ダブルスでは思うように勝ち星を積み重ねられなかった印象だ。さまざまなペアを試したが、最後まで固定できないままシーズンは閉幕。Tリーグではダブルスが第1マッチとなるため、その勝敗は試合の行方を大きく左右する。木下にとって、絶対的な組み合わせを探せるかどうかがカギとなりそうだ。

【木下マイスター東京】(◯は新加入選手)
水谷隼
大島祐哉
張本智和
ホウ・エイチョウ(中国)
田添健汰
田添響
丹羽孝希 ◯
宇田幸矢 ◯

 昨シーズン、惜しくも優勝を逃したものの、ダブルスの勝率が最も高かったのが岡山リベッツだ。とくに上田仁と森薗政崇のペアは勝率が8割を超え、シーズンを通して無類の強さを誇っていた。第1マッチのダブルスで勝利し、主導権を握ったうえで試合を優位に運んでいくのが、岡山の基本的なスタイルと言える。

 だが、今シーズンはダブルスだけではない。シングルスでも勝てる可能性を秘めたチームに仕上がった。中軸を担うのは、台湾から参戦しているリン・ユンジュ。彼は7月に開催された「T2ダイヤモンド・マレーシア」で、初戦で水谷を破り、準決勝で中国の馬龍(マ・ロン)、決勝で樊振東(ファン・ジェンドン)から金星を挙げて優勝。8月20日から行なわれた「ITTFワールドツアー・チェコオープン」でも、準決勝でドイツのティモ・ボルをフルセットの末に破るなど、世界トップランカーを次々と撃破し、優勝を飾った。その勢いのまま、上田&森薗のエースペアとともにシーズンを戦い抜けば、昨シーズンあと一歩届かなかった栄冠に手が届くかもしれない。

【岡山リベッツ】(◯は新加入選手)
上田仁
森薗政崇
吉村和弘
吉田雅己
町飛鳥 ◯
三部航平
リン・ユンジュ(台湾)
柏竹琉
横山友一
有田洋巳


当時の記事を読む

張本智和のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「張本智和」に関する記事

「張本智和」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「張本智和」の記事

次に読みたい「張本智和」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 張本智和 中国

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。