Tリーグ女子は2強の争い。カギは五輪選考で主力不在時の戦い方だ

 昨シーズンはファイナルの最終ゲームまでもつれる大混戦となったTリーグ女子。レギュラーシーズンでは、木下アビエル神奈川に後塵を拝していた日本生命レッドエルフが、劇的な逆転劇で初代チャンピオンに輝いた。木下と日本生命――。石川佳純を筆頭に個々の能力が高い木下と、平野美宇早田ひなのダブルエースを擁する日本生命。1年目のシーズンに関してはタレント的にも戦術的にも、この2チームの存在は際立っていた。

Tリーグ女子は2強の争い。カギは五輪選考で主力不在時の戦い方だ

優勝候補の木下。エース石川佳純がチームを引っ張る

 今シーズンも基本的な構図は大きく変わらないだろう。木下と日本生命の2強中心にリーグは回っていくことになる。

 戦力的に、一番手はやはり木下になる。昨シーズンはレギュラーシーズン全21戦で18勝、勝ち点60を記録し、2位の日本生命との勝ち点差は17まで開いた。ファイナルでは日本生命の勢いに屈することになったが、戦力の充実度では他のチームの1歩も2歩も先を行く。

 チームの中心は、やはりエースの石川だ。常に安定したプレーで、勝敗を左右する場面では必ず石川が指名される絶対的な存在。来年のオリンピックへの出場争いから、今シーズンは欠場も出てくるはずだが、それは日本生命も同じ。日本人歴代最強のサウスポーに大きな死角は見当たらない。とくに日本人選手との対戦では、圧倒的な力を発揮する石川だけに各チームはオーダーに頭を悩ますことになりそうだ。

 石川のほかにも、浜本由惟、長崎美柚、木原美悠、張本美和ら実力者が顔を揃える。中でも、14歳ながら全日本選手権シングルスで決勝に駒を進めた木原の躍進はめざましく、そのポテンシャルは非常に高い。彼女が順調に成長すれば石川とのダブルエースとして君臨しても不思議ではない。また若手の長崎、張本の出場機会が増えれば、年齢層でもバランスがとれたチームとなる。若手が伸びしろを持つことが、木下のストロングポイントでもある。

 唯一懸念されているのが、昨シーズン、チームの屋台骨を支えたユアン・シュエジャオが今シーズンは参戦しないこと。だが、香港のエース、ドゥ・ホイカンが残留することから大きな戦力ダウンにはならないはずだ。ドゥは世界ランキングで11位に位置しており、この数字はTリーグ所属選手の中でも、石川、平野に次ぐ3番手。実力的にも両者と遜色ないだけに、昨シーズン以上にシングルスでの起用が増えてきそうだ。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月29日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。