錦織圭を超えていけ。ジュニア世界1位・望月慎太郎は次のGS優勝を狙う

「やっとここに届いたというか、扉を開いてくれたという思いです。今まで(日本男子ジュニアはグランドスラムで)ベスト4が最高だったので、望月が結果を出したことで、ほかの選手たちもみんなできると思えるようになって今後につながると思います」

 そして望月は、ウインブルドン終了後、7月15日づけのITFジュニア男子ランキングで初の世界1位に輝いた。

 岩本監督は、望月の快挙を喜びつつも慎重な姿勢も崩さない。

「うれしいですね。16歳で世界の頂点にいったので、エリートの仲間入りかもしれないですが、エリートとはまだ認めたくない。まだ先があるので」

 望月のテニスの特長は、俊敏なフットワークを駆使しながらコートを広く使って、しっかりコースを突き、相手の弱点を攻略できることだ。さらにネットプレーでフィニッシュしてポイントにつなげられるのが望月の強みで、ウインブルドン初優勝への原動力にもなった。

 これは、望月が自分の弱点を理解しつつ、どうすれば活路を見出し勝利に結びつけることができるのか、試行錯誤を重ねたうえで生まれたオールラウンドプレーだ。

「パワーでは確実に勝てないので、できるだけ違うことで、何が自分の強みなのかを探りながらやった結果です」(望月)

 そんな望月の非凡な才能を岩本監督は次のように評価している。

「変則とまでは言いませんが、ネットに出るタイミングがうまい。望月の持っていたセンスのよさであり、見極めもいい。その点をグラス(天然芝)で活かせた。ネットプレー自体もうまい。まさに流れるような感じでネットにつめられて、相手の打ったボールに対して素早く反応できる」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 錦織圭 Instagram
  2. 錦織圭 twitter
  3. 錦織圭 ウィンブルドン
webSportivaの記事をもっと見る 2019年8月30日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「錦織圭 + twitter」のおすすめ記事

「錦織圭 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「錦織圭 + 全米オープン」のおすすめ記事

「錦織圭 + 全米オープン」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「大坂なおみ」のニュース

次に読みたい関連記事「大坂なおみ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。