錦織圭、いつもと違う不安定なテニス。迫りくる次世代プレーヤーの足音

錦織圭、いつもと違う不安定なテニス。迫りくる次世代プレーヤーの足音

20歳のデミノーに敗れて4回戦進出はならなかった錦織圭

 USオープン(全米)3回戦で、第7シードの錦織圭(ATPランキング7位、8月26日づけ/以下同)は、アレックス・デミノー(38位、オーストラリア)に、2-6、4-6、6-2、3-6で敗れて4回戦進出はならなかった。

 これで、昨年のウインブルドンから続いていたグランドスラムでの連続ベスト8の記録は5回で途絶えた。さらに、グランドスラムでベスト16以上に残れなかったのは、2017年ウインブルドンでの3回戦敗退以来となる。

「彼(デミノー)のサーブはよかったし、ディフェンスがよかったので、攻めきれなかった。自分のテニスが100点じゃない中、ディフェンスをされて、(自分が)アンフォースドエラーをして、みたいなパターンがすごく多かった。(彼が)振られた時に、もうちょっと浅いボールが来るのかなと思っていたが、しっかり深く返して来ていた」

 自身のプレーについては、「ミスが多過ぎた。いつもと違って安定感もなくいいプレーができなかった」と振り返った錦織。第4セット第8ゲーム30-0の場面で、フォアハンドストロークがロングになると、思わずラケットを投げつけてイライラを爆発させた。フォアハンドストロークは、上半身だけで打っているような手打ちになってしまうことが多く、ボールには本来の伸びがなかった。

 また、ファーストサーブの確率が、第1セット54%、第2セット52%、第3セット56%、第4セット64%といまひとつ。ファーストサーブからいいリズムをなかなかつくれず苦しんだ。その結果、第1セットで3回、第2セットで2回、第4セットで3回、デミノーにサービスブレークを許す厳しい展開になった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 錦織圭 Instagram
  2. 錦織圭 twitter
  3. 錦織圭 ウィンブルドン
webSportivaの記事をもっと見る 2019年9月1日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「錦織圭 + twitter」のおすすめ記事

「錦織圭 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「錦織圭 + 全米オープン」のおすすめ記事

「錦織圭 + 全米オープン」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「国枝慎吾」のニュース

次に読みたい関連記事「国枝慎吾」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら