東京五輪で金メダルの可能性大。空手「形」男女のエースが圧巻の優勝

 日本武道館は異様な雰囲気に包まれていた。

 2020年東京五輪で初実施される、空手のプレミアリーグ東京大会の最終日(9月8日)。女子「形」の決勝で相まみえたのは、日本の絶対エースで2014年、2016年と世界選手権を2連覇した清水希容(しみず・きよう/ミキハウス)と、2018年の世界選手権決勝で清水の連覇を止めたサンドラ・サンチェス(スペイン)。互いにもっとも得意とする、複雑な突きと蹴りを組み合わせた難易度の高い「チャタンヤラクーサンクー」を打ち合った試合は、歴史に残る名勝負になった。

東京五輪で金メダルの可能性大。空手「形」男女のエースが圧巻の優勝

形で優勝した女子の清水希容(左)と男子の喜友名諒(右)

 スピード感あふれる動きと、技のキレで勝負する清水。対照的に、ダイナミックな動きから力強い技を繰り出すサンチェス。審判7人による採点で、共に30点満点で27.68点という高得点を叩き出し、最高点と最低点もまったく同じで勝敗がつかずに”空手史上初”の再試合にもつれ込んだ。

 相手と闘う「組手」に対して、「形」は攻防を想定し、ひとりで突き、蹴り、受けを組み合わせた演武を行なって勝敗を争う。昨年までは5人の審判による旗判定で勝敗が決まっていたが、東京五輪で実施されることを見据え、わかりやすくするために今年1月から7人の審判による採点で勝敗が決するようになった。

 採点項目は大きく2つに分類される。立ち方、技の動きや繰り出すタイミング、正確な呼吸法が行なえているか、などを評価する「技術点」と、力強さやスピード、バランスなどを評価する「競技点」だ。誤解を恐れずに言うならば、空手の形は”武道版のフィギュアスケート”のようなもの。わずかな乱れから演武が破綻する可能性もあり、体の隅々までコントロールする力と、極めて高い集中力が求められる競技である。


あわせて読みたい

気になるキーワード

webSportivaの記事をもっと見る 2019年9月10日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。