東京五輪で金メダルの可能性大。空手「形」男女のエースが圧巻の優勝

 東京五輪に出られるのは10人(1国につきひとり)だけ。2018年7月からの国際大会のポイントで順位づけられる「オリンピック・スタンディング」の、2020年4月6日時点での上位4人がまず確定し、2020年5月の予選大会を勝ち抜いた3人が追加、といったように5段階に分けて選考される。

 今大会前までのオリンピック・スタンディングで、清水は2位、サンチェスは1位。決勝はまさに”頂上決戦”だったのだ。

 決勝に進むには3次ラウンドまでを勝ち抜く必要があり、1度使った形はその大会で2度は使えない。それは再試合になっても同じである。

 にもかかわらず、清水とサンチェスは両者とも再試合を想定し、もうひとつの形を準備していた。清水が「サンドラ(・サンチェス)とはずっと競っていたので。0.1点を切る点差でずっと勝ったり負けたりを繰り返していたので、そろそろ再試合があるかなと思って練習していました」と語れば、サンチェスも「想定内。最近はとても僅差だったから、こういうことが起こると思っていて、次に演武する形は決めていました」と振り返った。

 異例の再試合で清水が選んだのは、公式戦で演じるのが3度目という「オヤドマリノパッサイ」。「今年に入って一番何も考えず、無心に技に集中した」と鬼気迫る形を演じた清水が、1度目よりも高得点の27.74点をマーク。サンチェスを0.26点上回って2大会ぶりに制覇した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

webSportivaの記事をもっと見る 2019年9月10日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。