「苦節」6年。初優勝した柏原明日架の焦りを消した大先輩の助言

 7番アイアンで放った一打は、ピン方向に向かっていった。グリーンをオーバーしてしまったものの、過去のミスを振り払い、優勝を確信できた一打となった。

 加えて、強気のパッティングも光り、この日はパッティングでショートするシーンが一度もなかった。

「(今年8月の)CAT Ladiesで優勝争いした時は、ハーフターンしてから(パットが)ショートしてばかりで、結果、優勝を逃してしまった。今日は絶対にショートしないと、攻める気持ちを持って(後半の)9ホールを戦おうとしていました」

 トップ10入りが2度しかなかった昨シーズンは、年間獲得賞金が44位とシード権ギリギリの成績しか残せなかった。今季も、序盤は数度の予選落ちを喫するなど苦しい時期が続いた。

 そして、宮崎出身の柏原は、今年の7月下旬、センチュリー21レディスでも予選落ちを喫した際、ラウンド後に同郷の大先輩である大山志保にこう問いかけた。

「私が勝てないのはなんでですか?」

 大山は言った。

「大事なのは、1勝目の早さじゃない。将来、ゴルフをやめる時に、生涯に何勝したかを一番大事に考えたほうがいいよ」

 渋野日向子や畑岡奈紗をはじめ、3つ下の「黄金世代」と呼ばれる面々が次々に勝利を挙げていく。柏原は焦りを覚え、誰より勝利を欲していた。そんな時に、目先の勝利を渇望するよりも、長いゴルフ人生を考える重要性を、大山は柏原に説いたのだ。

「この言葉は、私の中にあった焦りみたいなものをふりほどいてくれましたし、目の前の課題に取り組んだほうがいいなと、自分自身、気づくことができました。さらっと言っていただいたひと言ですけど、大きな言葉でした」

 初勝利の美酒に酔った柏原は、10月3日から4年前に”取りこぼした”日本女子オープンに臨み、さらにその2週後にはホストプロとして臨む富士通レディースが待っている。

「(優勝したとはいえ)今週ももったいなプレーがたくさんあった。そこを改善して……早く2勝目をあげたいです」

 ジュニア時代から将来を嘱望され、美貌も兼ね備えた艶やかな大器が、いよいよ才能を花開かせる日が訪れた。

あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月2日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。