毎日王冠の狙いは2頭が中心。逃げる「紅一点」馬か追う3歳有力馬だ

毎日王冠の狙いは2頭が中心。逃げる「紅一点」馬か追う3歳有力馬だ
       

 10月6日、東京競馬場でGⅡ毎日王冠(芝1800m)が行なわれる。このレースは、10月27日に行なわれるGⅠ天皇賞・秋(東京・芝2000m)の前哨戦として歴史のあるレース。近年は前哨戦に出走せず、秋初戦で天皇賞・秋に出走する馬も多いが、今年はNHKマイルC勝ち馬のアエロリットとケイアイノーテック、安田記念勝ち馬のインディチャンプとモズアスコット、マイルチャンピオンシップ勝ち馬のペルシアンナイトと、5頭のGⅠホースが出走。かなりハイレベルな争いになりそうだ。

 そんな今年の毎日王冠で狙いたいのは、紅一点のアエロリット(牝5歳/美浦・菊沢隆徳厩舎)だ。

毎日王冠の狙いは2頭が中心。逃げる「紅一点」馬か追う3歳...の画像はこちら >>

前走の安田記念で2着と好走したアエロリット

 同馬は昨年の同レース勝ち馬。そのレースでは1000m通過を59秒0のマイペースで逃げ、最終タイムは1分44秒5という、レース史上歴代3位、コースレコードまでわずか0秒3差の好タイムで勝利している。今年は安田記念2着から約4カ月ぶりの出走となるが、このローテーションは昨年と同じ。ヴィクトリアマイルで敗れ(昨年4着、今年5着)、安田記念2着からの臨戦過程まで昨年と同じとなる。

 アエロリットは1600mのNHKマイルCを勝っているが、ベスト距離は1800mと見ている。逃げか2~3番手で競馬を進めたい同馬にとっては、1600mよりペースが速くなりにくい1800mのほうがリズムが合うからだ。

 1800mでは3戦しているが、3歳時のGⅢクイーンS(札幌)ではトーセンビクトリーに2馬身半差をつけて完勝。昨年の中山記念(中山)では2番手からの競馬で、今年の香港GⅠクイーンエリザベス2世Cを勝った、ウインブライトからクビ差の2着に入っている。3戦2勝、僅差の2着1回という安定した成績だ。

 しかし過去の優勝馬を見ていくと、少し気になるデータも。このレースが1800mで施行されるようになったのは1984年からだが、牝馬の優勝は4回あるものの、すべて4歳馬だった。5歳馬は9頭が出走しているが、2着が3回。GI6勝を挙げ、単勝1.3倍の圧倒的人気だった2009年のウオッカも、カンパニーから1馬身差の2着に敗れている。

 ただ、ウオッカはそれまでに23戦のキャリアを重ねていた。アエロリットはこれまで16戦と、比較的少ないキャリアで消耗も大きくないと思われるので、それほど大きなマイナス要因と考える必要はないだろう。近年は調教技術の進化とともに高齢馬の活躍も増えてきており、馬齢については過去のデータを気にしすぎないほうがいいのかもしれない。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「東京競馬場」に関する記事

「東京競馬場」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「東京競馬場」の記事

次に読みたい「東京競馬場」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月4日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 東京競馬場 イベント

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。