仁志敏久が巨人・原采配を称賛「大味に見えていろんな策を練ってる」

仁志敏久が巨人・原采配を称賛「大味に見えていろんな策を練ってる」

「丸の加入で坂本の負担が減った」と仁志氏

 巨人がクライマックスシリーズを突破し、いよいよ日本シリーズに挑む。4年ぶりに原辰徳が監督に復帰し、広島から丸佳浩も獲得して臨んだ不退転のシーズンで、ここまでの結果を出した巨人。強さの秘密は何だったのか。1996年から11年間巨人に在籍し、3度のセ・リーグ制覇に貢献した、仁志敏久氏に話を聞いた。

――巨人はここ4年間優勝から遠ざかっていました。今シーズンは勝負の年と位置づけて挑み、見事結果を出しました。リーグ優勝、そしてクライマックスシリーズ突破の要因はどんなところにあったのでしょうか?

仁志 やはり広島から丸が入ったことが、打線の上ではかなり大きなウェートを占めていました。これまで坂本(勇人)に掛かっていた負担が大きかったように思います。それが丸の加入により、坂本が一人で背負う量が減ったということですね。それによって、坂本がより良い感情を持ってプレーできたんじゃないでしょうか。それが打線の好調につながったと思います。

――今年は、セ・リーグ全体として連勝、連敗の多いシーズンでした。巨人も例外ではなかったのですが、どんな要因があるのでしょうか。

仁志 野球の内容が変わってきていることが原因かもしれませんね。昔みたいにバントやスクイズなどをして策を講じる野球が、かなり少なくなってきている印象があります。今はピッチャーがいかに抑えるか、バッターがいかに打つかと、よりシンプルになりました。そんなシンプルな野球になると、一度打ち出すと連打になって、バッターはヒッティングしか考えなくなります。逆に打てなくなってしまったら、連鎖反応でパタッと打てなくなってしまう傾向があります。負けているチームは、そこで策を講じない。だから逆転が難しくなりますし、連敗も止まらなくなる。そんな現実があるからかなと思いますね。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. クライマックスシリーズ 広島
webSportivaの記事をもっと見る 2019年10月16日の野球記事
「仁志敏久が巨人・原采配を称賛「大味に見えていろんな策を練ってる」」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    読売新聞は、安倍にソンタクした記事しか書かない御用マスゴミ。安倍の不当な介入に疑問の声を上げた文部科学省の前川事務次官の出合い系バー通いをデカデカと紙面に載せた。信用失墜を目論んだんだね。大衆紙かよ。

    2
  • 匿名さん 通報

    巨人強い

    0
  • 匿名さん 通報

    14:42しかも前川さんは女性とは接していなかった。視察だけで帰ったんだよ。読売は汚い。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「クライマックスシリーズ + 広島」のおすすめ記事

「クライマックスシリーズ + 広島」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら