髙橋大輔の心を動かした。失ったものを取り戻す山本草太の不撓不屈

 昨年、現役復帰を果たした髙橋大輔(33歳)だが、今年12月の全日本選手権でのシングル引退を明言。11月の西日本選手権(滋賀県立アイスアリーナ)は、”最後を飾る前哨戦”になるはずだった。当然、多くのチケットが売れていた。

 しかし髙橋は直前の練習で左足首を痛めてしまい、欠場を余儀なくされることになった。

 髙橋に代わって、誰が大会の主役となったのか――。

 主役候補筆頭が、19歳の山本草太だった。

髙橋大輔の心を動かした。失ったものを取り戻す山本草太の不撓不屈

西日本選手権で2位だった山本草太

 山本は2014-15シーズン、ジュニアグランプリファイナルで宇野昌磨に次ぐ2位。同シーズンの世界ジュニア選手権では、現世界王者のネイサン・チェン(アメリカ)を上回って、3位表彰台に立った。2015-16シーズンには、全日本ジュニア選手権で優勝した。日本のフィギュアスケートを担うべき逸材だった。

 ところが世界ジュニア選手権を前に、右足首を骨折する不運に遭う。それからは苦難の連続。復帰後も再び骨折し、羽を失ったかのように見えた。

 ただ、天才は消えなかった。2017-18シーズン、再び戦列に復帰。再起した直後は、ジャンプはすべて1回転から練習を始め、粘り強くスケートを取り戻してきた。

 不屈な姿は、一つのきっかけを与えている。

―現役復帰のスイッチとなった瞬間は?

 髙橋に聞いた時に、彼はこう答えた。

「(山田)耕新、(山本)草太の演技でした。耕新は社会人になって一度(競技を)離れても、仕事をしながらスケートを続けていて。草太は手術をして戻すのも大変なのに、気持ちが伝わる演技だった。勝たなくてもいいというか、(それぞれが)目標に向かって精いっぱいやっても大丈夫じゃないか、と励まされたんです」


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月5日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。