タイサッカーと日本人選手の意外な現状。元代表でさえ活躍は難しい

タイサッカーと日本人選手の意外な現状。元代表でさえ活躍は難しい
拡大する(全3枚)

 日本でタイのサッカーといえば、Jリーグで活躍するMFチャナティップ(北海道コンサドーレ札幌)やDFティーラトン(横浜F・マリノス)といったタイ代表選手。そして、今夏タイ代表の指揮官に就任した西野朗監督になるだろう。

 10月15日に行なわれたW杯2次予選では、その西野監督率いるタイ代表が、ティーラトンらの活躍もあってホームでUAEに2-1と勝利。シード国UAEから貴重な勝ち点3を奪い、3試合を消化して2勝1分けでグループGの首位と好スタートを切っている。

タイサッカーと日本人選手の意外な現状。元代表でさえ活躍は難し...の画像はこちら >>

タイ代表を率いる西野朗監督。代表チームの人気は高まっているという

 数年前のタイといえば、岩政大樹や茂庭照幸、カレン・ロバートといった日本代表歴のある選手から、Jリーグで思うような活躍ができなかった選手まで、多くの日本人選手が活躍の場を求めたことが話題となっていた。

 ピークは2014年、2015年頃で、1部と2部を中心に約60人から70人の日本人選手がプレー。1部相当のタイ・プレミアリーグ(現在はリーグ1/T1と名称を変更)に所属していた日本人選手の年俸は「おおむねJ1並」とされ、日本の約3分の1というタイの物価もあって、想像以上にいい生活ができるなどと評判だった。

 だが、数年が経ったいま、状況は変わりつつあるようだ。

 2019年のタイリーグ1は、10月26日、チェンライ・ユナイテッドの優勝で幕を閉じた。今季T1でプレーした日本人選手は、元日本代表の細貝萌(ブリーラム)、ハーフナー・マイク(バンコク・ユナイテッド)を含めわずか5人。リーグ2(2部相当/T2)も、シーズン中の出入りはあったものの、約10人がプレーした程度。その数は年々減少している。

 村上一樹(31歳)は広島大学を卒業後、FC岐阜で3年間プレーしたあと、2013年からタイでプレーを続けている。チェンライ・ユナイテッドで4シーズンを過ごし、その後T2(当時)のPTTラヨーン、アーントーンFCを経て、今季はT1のチャイナートで、センターバックとしてリーグ戦20試合に出場した。タイで7年間を過ごしている村上は、タイリーグの変化についてこう話す。


この記事の画像

「タイサッカーと日本人選手の意外な現状。元代表でさえ活躍は難しい」の画像1 「タイサッカーと日本人選手の意外な現状。元代表でさえ活躍は難しい」の画像2 「タイサッカーと日本人選手の意外な現状。元代表でさえ活躍は難しい」の画像3

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「コンサドーレ札幌」に関する記事

「コンサドーレ札幌」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「コンサドーレ札幌」の記事

次に読みたい「コンサドーレ札幌」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月13日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. コンサドーレ札幌 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。