「めちゃめちゃホッとした」宇野昌磨が実感したコーチがいることの効果

「めちゃめちゃホッとした」宇野昌磨が実感したコーチがいることの効果

フリーの演技にも注目の集まる宇野昌磨

 グランプリ(GP)シリーズのフランス杯では、自身シニア・ワーストの215.84点で8位に終わっていた宇野昌磨。GPシリーズ2戦目となる11月15日のロステレコム杯ショートプログラム(SP)は、フランスではしっかり降りていた最初の4回転フリップで転倒したものの、87.29点で4位につけた。

 4回転ルッツ+3回転トーループを決めて首位発進したアレクサンダー・サマリン(ロシア)に5.52点差の結果に、「めちゃめちゃホッとしました」と明るい表情を見せた。

「4回転フリップは6分間練習ではあまり跳べていなかったし、4回転トーループも軸がちょっと左にいっていて……。ただ今回はフリップには固執せず、トーループとアクセルを試合で跳びたいという気持ちでやっていました。それでも試合となったら、フリップを失敗したらトーループの前には『もうミスはしないぞ』という気持ちにもなったし、不安や緊張もあったけど、練習してきたことをしっかり信じてトーループを跳べた。

 セカンドを2回転にしてしまったけど、練習では3回転でちゃんとできているので、そこが課題ですね。それに、そのあとのスピンはちょっとミスをしてしまって急遽変えたから、GOE(出来ばえ点)ではマイナスも付いた。そこも今後は、もっと練習に励まなければいけないポイントだと思いました」

 宇野自身がこう言うように、6分間練習では4回転トーループに2回挑んだが、ともに重心が後方にいってしまう着氷で、3回転トーループを付けられなかった。さらに、そのあとに挑んだフリップも、1回転、2回転、3回転と続き、4回転までは跳べていなかった。

 そんな状況で迎えた本番では、最初の4回転フリップは回転不足を取られて転倒。次の4回転トーループに2回転トーループを付けて連続ジャンプにしたが、次のチェンジフットシットスピンはレベル3になって0.26点の減点。だがフランス杯ではSP、フリーで3本すべて転倒していたトリプルアクセルを、2.51点の加点が付く出来にした。

 最後のステップは気持ちを入れすぎてよろける場面もあり、本人も「練習に比べてあまり深く乗れてないところが多かった」と反省する。

「4回転フリップに関してはもう、シーズン後半へ向けて上げていけばいいかなと考えている。この試合はそれ以外のジャンプを決めるのが課題だったので、とりあえずショートではそれができたかなと思います。練習でできていることが試合でどう出せるかというのを確認することが目的だったけど、前回はたくさん失敗していることもあったから、そんなに失敗を恐れるというわけでもなく、いい感じで練習できたことがよかったと思います。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る 2019年11月16日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「宇野昌磨 + 海外」のおすすめ記事

「宇野昌磨 + 海外」のおすすめ記事をもっと見る

「宇野昌磨 + 弟」のおすすめ記事

「宇野昌磨 + 弟」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「本田真凛」のニュース

次に読みたい関連記事「本田真凛」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。