愛甲猛が明かす根本陸夫と星野仙一の人心掌握術「選手を尊敬してた」

根本陸夫外伝~証言で綴る「球界の革命児」の知られざる真実

連載第5回

証言者・愛甲猛(5)

前回の記事はこちら>>

 1981年4月6日、川崎球場での対西武戦。ロッテ入団1年目の愛甲猛はプロ初登板を果たした。3対7と劣勢の8回、三番手での”敗戦処理”だったが、山崎裕之に本塁打を浴びるなど3失点。6月25日には同じ西武戦で初先発するも、初回から乱調で2回持たずに降板。2000年まで20年間続いた現役生活は、根本陸夫が監督を務めるチームに痛い目に遭いながら始まっていた。実際、新生ライオンズにどんな印象を持っていたのか──。愛甲本人に聞いた。

愛甲猛が明かす根本陸夫と星野仙一の人心掌握術「選手を尊敬してた」

ロッテを自由契約となり、1996年から中日でプレーした愛甲猛

「まずユニフォームから斬新でしたよね。ベルトが野球用の形じゃなかったり、手塚治虫さんのレオ(『ジャングル大帝』)がペットマークだったり。それで僕は最初、ファームの試合でよく投げていたんですけど、西武のバッターは手袋をしてなかったんです。聞いてみたら、『素手でバットを振る感覚がわからないで打てるわけがない。わかってから手袋するようにしろ』って、根本さんから通達があったらしくて。そういうところまでちゃんと管理されているのか、と思って見てました」

 同じファームで驚かされたのが、81年にドラフト外で西武に入団した2人の新人選手だった。秋田・金足農高出身で投手の小野和幸と、熊本・八代高出身で外野手の秋山幸二。いずれも愛甲と同世代で、小野はイースタンで歴代最多の15勝を挙げ、シーズン終盤に一軍登板を果たす。一方の秋山はバットに当たれば途轍もない飛距離を見せていた。

「どこまで飛ばすんだ? コイツ……って言いたくなる打球ですよ、秋山は。よその球団だったら、いきなり一軍でしょう。でも西武は二軍でみっちり鍛え上げて、アメリカの1Aで野球留学も経験させて、4年目から本格的に一軍でゲームに出したらもう下に落とさなかった。スターをつくる、育てる、チームの人気を高めていく上での戦略もすごかったと思います。それはロッテにはなかったし、瞬間的な気分で『ファームに落とせ』って言う監督もいたぐらいで」


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「愛甲猛が明かす根本陸夫と星野仙一の人心掌握術「選手を尊敬してた」」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    広岡の異常さは有名。運転が気に入らないと信号で止まった相手の運転手に説教を始めた。神経質で自分が宇宙の中心。

    1
  • 匿名さん 通報

    広岡は選手が風邪を引くと「自己管理がなってない!」と猛烈に怒ったが、自分は痛風になった。

    0
  • 匿名さん 通報

    この画像をみればわかる通り、当時のドラゴンズのユニフォームはドジャースのフルコピー、パクリ。色も同じ、字体も同じで遠目には区別がつかない。

    0
  • 匿名さん 通報

    >12:51 なおその頃のちょっと前にはドラゴンズとドジャースが業務提携していて、山本昌が野球留学していた時期もあったけどな。いろいろとあってメジャーで評価されだした頃に切り上げて帰らされてるけどな。

    0
  • 匿名さん 通報

    怒鳴ったり、モノにあたったりするのは万人に当てはまらないしそれができるのは、やられた方も納得できるだけのフレーズ(後でも)がある。その能力もないのに怒鳴りまくっている能無しが会社・テレビにいるのでは?

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「北海道日本ハムファイターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「北海道日本ハムファイターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「オリックスバファローズ」のニュース

次に読みたい関連記事「オリックスバファローズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月10日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。