羽生結弦は前を向く。トリノで語った4回転アクセルへの思い

羽生結弦は前を向く。トリノで語った4回転アクセルへの思い

グランプリファイナル後、現在の考えを語った羽生結弦

 イタリアのトリノで行なわれたグランプリ(GP)ファイナル、男子フリーから一夜明けた12月8日。羽生結弦は6日の公式練習で4回転アクセルに挑戦した理由を明らかにした。

「正直な気持ちを言ってしまうと、ショート(プログラム)が終わったあとにわりと絶望して……。4回転サルコウと4回転トーループのコンビネーションの構成の『秋によせて』の、あまりのハマらなさを『なんでだろう』とずっと考えていたんです。でも(ネイサン・チェンとの)13点差というのは、(フリーで)4回転ジャンプを1本増やしたからといって縮まるものではないということはわかっていたし、ネイサン選手が(フリーで)4回転を5本跳んでくるということもわかっていた。

 それに、こんなプレッシャーでは彼は絶対に潰れないという強さも感じていたので、(逆転は)すごく難しいだろうなと考えていました。だからこそ、ここで何か爪痕を残したいという気持ちがあって、いろいろ考えたんです。いろんなことが重なって起きたけど、もしそこに意味があるのだったら、ストッパー役のコーチがいない今だからこそ、自分だけで決められる今だからこそ、ここで4回転アクセルの練習をやってもいいんじゃないかなと思ったんです」

 ジスラン・ブリアンコーチは羽生と一緒に乗り継ぎ空港のフランクフルトまで来たが、そこでパスポートの盗難に遭い、一度カナダに帰国。パスポートを再発行してから、再びトリノに向かっていた。羽生は、フリーを前にブリアンコーチがトリノに到着したと聞いた時は、「すごく安堵した」と語っている。

 羽生は、もしコーチが帯同していれば、公式練習で4回転アクセルの練習をするという判断は「なかった」とも言う。そして、その完成への過程の一部を見せるということは、彼としては「絶対に完成させる」という宣言でもある。

「何が大事なんだという話になった時には、絶対に試合の方が大事です。それは自分でもわかっていました。でもこの絶望的な状況で、『ここで何かを残さなければいけない』という使命感がすごくあったんです。NHK杯の時に話した自分の理想でもある、自信の塊のようだった9歳のころの自分から見た時に、胸を張って自分はここで何をやったかと言えるようなものを残したかった。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「羽生結弦は前を向く。トリノで語った4回転アクセルへの思い」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    早く引退してくれ。気持ち悪くて仕方ない。

    1
この記事にコメントする

「羽生結弦 + twitter」のおすすめ記事

「羽生結弦 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「羽生結弦 + 海外メディア」のおすすめ記事

「羽生結弦 + 海外メディア」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「安藤美姫」のニュース

次に読みたい関連記事「安藤美姫」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月10日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 羽生結弦 4回転
  2. 羽生結弦 GPシリーズ
  3. 羽生結弦 twitter

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。