傳谷英里香さん、ペースアップ!ランに最適なトレーニング強度を確認

傳谷英里香さん、ペースアップ!ランに最適なトレーニング強度を確認
       

『傳谷英里香のGo for it!トライアスロン-Road to HONOLULU』
第16回●心拍数を使ったトレーニング【ラン編】(第15回はこちら>>)

 傳谷英里香(でんや・えりか)さんが、来年5月に開催されるホノルルトライアスロン完走を目指してトレーニングを実施中! 指導担当は、湘南ベルマーレ・トライアスロンチームのヘッドコーチで、アスロニア・トライアスロンアカデミーでもディレクター兼ヘッドコーチを務める中島靖弘コーチ。レッスンの第16回は、前回のバイクに続き、心拍計測をしながらランニングのトレーニングをする際のポイントを学びます。

傳谷英里香さん、ペースアップ!ランに最適なトレーニング強...の画像はこちら >>

トップス:メッシュTシャツ/インナー:パワーフィットブラ/パンツ:ムーブクロスショートパンツ/シューズ:ウエーブライダー22(以上、ミズノ

●徐々にペースを上げ、心拍数を確認して最適の強度を知る

中島靖弘コーチ(以下:中島コーチ)今回は、前回のバイクのレッスンと同様に、心拍数を使ったランのトレーニングについて説明します。

傳谷英里香(以下:傳谷)バイクは、私の場合140~150くらいの心拍数がトレーニングに最適な強度ということがわかりましたが、ランニングでは変わるんですか?

中島コーチ バイクとランでは力の使い方が少し違うので、適した強度に差がある人もいます。なので、ランニングでもテストをして、効率よくトレーニングできる強度を確かめることが大切です。少しずつペースを上げていって、心拍と息づかい、自分の走るペースも確認しながら、ちょうどいい強度を見つけていきましょう。

傳谷 わかりました!

中島コーチ それでは、実際に走ってみます。場所は陸上競技場の400mトラックでもいいですが、今回は1周で約1キロのコースがある公園なので、1キロごとにタイム、心拍、息づかいを確認したら、また次の1キロという形で進めていきましょう。走る前の心拍はどのくらいですか?

傳谷 70くらいです。

中島コーチ それを徐々に上げていきます。それでは、スタートしましょう。

(1キロを走る)

中島コーチ 一度ストップして、心拍数を確認します。傳谷さんは……だいたい120くらいまで数値が上がりました。今の1キロは約6分のペースでしたが、今の息づかいならば余裕がありそうですね。

傳谷 はい、まだまだいけます!

中島コーチ では、次の1キロはもう少しペースを速めてみましょう。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「バスケットボール」のニュース

次に読みたい関連記事「バスケットボール」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「陸上競技」のニュース

次に読みたい関連記事「陸上競技」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュース

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月20日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。