鍵山優真と佐藤駿。日本フィギュア界新星の「ライバル物語」

 フィギュアスケート日本男子に光り輝く新星がふたり、出現した。鍵山優真と佐藤駿だ。ともに高校1年生で、今季はお互いにライバルとして意識しながら好勝負を繰り広げている。

鍵山優真と佐藤駿。日本フィギュア界新星の「ライバル物語」

全日本選手権で3位となった16歳の鍵山優真

 ジュニアグランプリ(GP)シリーズでは、鍵山が2大会とも自己ベストを更新して優勝と2位。佐藤も得点源のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を武器に優勝と3位。それぞれ好成績を出してジュニアGPファイナルに初進出を果たした。

 今季の大きな舞台での両者の対決を振り返ってみよう。

 11月の全日本ジュニア選手権では鍵山に軍配が上がった。ショートプログラム(SP)で首位に立つと、フリーでは4回転トーループの連続ジャンプと単独ジャンプをしっかりと決め、トリプルアクセルからの3連続ジャンプも成功させるなど、ほぼノーミス演技を見せ、国際スケート連盟(ISU)非公認ながらジュニア世界最高得点(当時)を上回る合計251.01点を叩き出して初優勝した。

 これに対して佐藤は、SP3位からのフリーで、果敢に4回転ルッツに挑んだが、空中で回転がばらけるミスを出し、ほかのジャンプの着氷も乱れて得点が伸びず、総合2位で終えた。鍵山にとっては自信をつけた試合となった一方で、佐藤は悔しさを募らせた表情が印象的だった。

 続いて迎えたのが12月のジュニアGPファイナルだ。

 悔しさを糧にして練習を積んできたという佐藤は、ここで気を吐く演技を披露した。SPではすべてのジャンプを決めて3位発進。フリーでは冒頭の4回転ルッツを初めて試合で成功させると、2本の4回転トーループと2本のトリプルアクセルを次々と決め、ジュニア歴代1位となる177.86点をマーク。合計でもジュニア歴代最高得点となる255.11点で初優勝を成し遂げ、日本人4人目のジュニアGPファイナル王者となった。

 GPファイナルには憧れの羽生も出場しており、同じリンクに立てた佐藤は「羽生選手の演技に学ぶことはたくさんあった。全日本ジュニアの悔しさがあったので練習では4回転の確率を上げたり、4回転ルッツを跳べるようにしたりしてきた。ここまで得点が出るとは正直思わなかったので驚いています」と喜びを語った。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「競泳」のニュース

次に読みたい関連記事「競泳」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュース

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「卓球」のニュース

次に読みたい関連記事「卓球」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月5日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。