U-23日本代表、歴史的惨敗。もはや森保一監督の解任もやむなし

 歴史的惨敗である。

 アジアU-23選手権グループリーグ第2戦で、日本はシリアに1-2で敗れた。

 これで、初戦のサウジアラビア戦に続き、2連敗。カタールとの第3戦がまだ残されてはいるものの、日本は最終戦に勝っても、決勝トーナメントへ進出できる上位2カ国には入れない。早くもグループリーグ敗退決定である。

 2014年にスタートしたこの大会は、2年に一度の開催で今回が第4回大会だが、日本のグループリーグ敗退は初めてのこと。年代別男子代表チームのアジアチャンピオンを決めるAFC(アジアサッカー連盟)主催の公式大会は、現在、U-23選手権の他、U-16選手権、U-19選手権が行なわれているが、現行方式(16カ国出場。4カ国ずつ4組のグループリーグを行ない、各組上位2カ国が準々決勝へ進出)で行なわれるようになって以降、日本のグループリーグ敗退は、2004年のU-16選手権で一度あっただけだ。

 もちろん、A代表が出場するアジアカップでも、16カ国出場となって以降(2019年大会からは24か国出場)は、日本がグループリーグで敗退したことはない。アジアのサッカー界においては、衝撃的な大番狂わせが起きたと言っていいだろう。

「我々が望んでいなかった結果になってしまった」

 試合後、そう語る森保一監督の目は、いくらか充血し、潤んでいるようにも見えた。ショックの色はありありだった。

U-23日本代表、歴史的惨敗。もはや森保一監督の解任もやむなし

チャンスを生かせず、シリアに苦杯をなめた日本

 全体的な試合内容で言えば、サウジアラビア戦からはかなり改善されていた。攻撃をシュートで終えようとする意識は高く、また、一度止められても、セカンドボールの回収が早かった。攻めあぐむことはあっても、ほとんど相手にカウンターを許さなかった要因である。

 とりわけ、ボランチで起用されたMF齊藤未月(湘南ベルマーレ)の守備面での働きは出色で、敵陣で次々にカウンターの芽を摘んだ。MF相馬勇紀(鹿島アントラーズ)のゴールにしても、DF岡崎慎(FC東京)が素早い出足でセカンドボールを拾い、左サイドにパスをつないだところから生まれている。

 これだけ攻め続けて1点しか取れないのは情けないとも言えるが、人数をかけて守備を固める相手を崩し切れない試合は、アジアの戦いではよくあること。ワールドカップ予選でもそうだが、日本は常に世界とアジアのダブルスタンダードで戦うことが求められる。アジアで勝てないようでは、東京五輪で金メダルが取れるはずがない、という論理は、実は理屈が通っているようでそうではない。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「U-23日本代表、歴史的惨敗。もはや森保一監督の解任もやむなし」の みんなの反応 9
  • 匿名さん 通報

    長い目で見ても何も起こらなさそうなのが目に見える采配をしているからなあ。というか、戦術が皆無。あのカウンターをただの油断とするのはカウンターに対する準備を戦術に落とし込めてから言うべき言葉。

    4
  • 匿名さん 通報

    どんな名監督が指揮しても「笛吹けど踊らず」であり、2連敗の失点もミスと油断からの失点…選手の奮起を願うのみ

    1
  • 匿名さん 通報

    監督に問題はあるけど、どんな監督がきても今の選手たちにやる気が見られないと思います。何年も代表の試合に熱くなれない。

    1
  • 匿名さん 通報

    指揮官かえて どうこうの問題じゃないですよ U-23より静岡学園の方が強いのでしょ

    1
  • 匿名さん 通報

    今の所、アジア予選では結果を出しているから解任するのは東京五輪の結果を見てからでもいいんじゃないの。

    0
この記事にコメントする

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。