ヤクルトを戦力外となった元ドラ1左腕は南半球で野球を楽しんでいた

 村中恭兵は2020年の年明けをニュージーランドで迎えた。今やオフの風物詩となったNPBのトライアウトで、彼の名を目にしたファンは多かっただろう。

 村中は2005年秋にヤクルトから高校生ドラフト1巡目で指名され、2010年、2012年に2ケタ勝利をマーク。トライアウトを受けた選手のなかではトップクラスの実績を誇っていた。そんな村中が妻を残し日本を発ったのは、オーストラリア・ウインターリーグが開幕して間もなくの頃だった。

ヤクルトを戦力外となった元ドラ1左腕は南半球で野球を楽しんでいた

オーストラリア・ウインターリーグで奮闘している村中恭兵

 昨年は一軍での登板はなく、オフに自由契約を言い渡されたが、まだ32歳。現役から退くことは頭になかった。

 もともとトライアウトに参加するつもりはなかったが、状態がよかったため参加することにしたのだという。戦力外通告後、しばらく続けていた練習をいったん止め、2週間ほどノースローの状態からトライアウトに挑んだ。

 久しぶりの実戦登板だったが、投げられたことに手応えを感じた。トライアウトから1週間ほど待ち、日本のどこの球団からもオファーがないとわかると、村中は荷物をまとめ海を渡った。

「最初は12月中旬に行くつもりだったんですよ。でも、早めに来てくれてみたいな感じになって」

 村中の所属するオークランド・トゥアタラは、昨シーズンからリーグに参入したニュージーランド初のプロ球団だが、慢性的な選手不足に悩まされている。10年ほど前は四球連発で試合にならなかったという野球新興国において、プロのレベルに値する投手を国内だけでそろえるのは至難の業だ。プロチームをリリースされたとはいえ、世界トップレベルの日本でローテーションの柱を務めた実績をもつ村中にはすぐにでも投げてほしかったのだろう。

 数試合リリーフ登板をこなし、12月末には初めて先発マウンドに立った。4回途中でマウンドを降り、敗戦投手になってしまったが、メジャーリーグのスカウトも兼ねているチーム首脳陣の評価が下がることはなかった。

 そして年明けの初戦、村中はシーズン2度目の先発マウンドに立った。オーストラリア・ウインターリーグのペナントレースは、週後半(木曜日から)の4連戦が基本だ。地区優勝に突き進むチームは、村中のピッチングを見て、連戦の初戦に村中を投げさせるローテーションに組み替えた。つまり、エースとしての役割を求められるようになったのだ。

 ニュージーランドの夏の1日は長い。午後7時の試合開始時はまだ陽も高く、ナイター照明の灯りもまだついていない。入念な投球練習のあと、プレーボールがコールされた。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月31日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。