本田圭佑を迎えるボタフォゴの思惑。ブラジルでは熱狂と疑念が待つ

 本田圭佑がボタフォゴにやって来るかもしれない。ブラジルでそのニュースが流れると、ボタフォゴサポーターは大いに盛り上がった。

 ボタフォゴはリオデジャネイロの4大チームのひとつだ(他はフラメンゴ、フルミネンセ、バスコ・ダ・ガマ)。1894年に創立された歴史あるチームで、ブラジルのサッカー史上三本の指に入る選手、ガリンシャがプレーしたチームでもある。そして何より、サポーターの数が多く、熱いことで知られている。

 しかし、最近のボタフォゴの成績はパッとしない。2部リーグに降格しないための戦いを強いられている。昨シーズンもカンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)で20チーム中15位。サポーターはチームを大きく変えるような出来事を望んでいた。

本田圭佑を迎えるボタフォゴの思惑。ブラジルでは熱狂と疑念が待つ

リオデジャネイロのショップに並ぶ本田圭佑のユニフォーム

 本田加入の可能性が流れると、ボタフォゴサポーターはSNSを中心に一気に盛り上がった。ポルトガルや英語のみならず、日本語でも本田を歓迎する投稿が相次いだ。ボタフォゴの年間シートはこの5日間で3500増加。チームは本田の到着に合わせて特別なユニフォームを作ると発表した。すでに本田の背番号「4」のユニフォームは売り出されており、リオ中心部にあるボタフォゴのオフィシャルショップでは売り切れになっている。

 おそらく本田にとって、ボタフォゴは一番行きたいチームではなかっただろう。ボタフォゴからオファーを受けたとされるこの1月24日には「自分はまだヨーロッパでプレーしたい」という趣旨の発言をしている。しかしこのサポーターの予想以上の盛り上がりが、最終的な決断に悩んでいた本田を動かしたのではないかと私は思う。

 かつてボタフォゴではオランダ人のクラレンス・セードルフがプレーしていた(彼は本田のミラン時代の監督でもあった)。セードルフはブラジルサッカー史上最高の外国人選手と言われている。本田もボタフォゴが今シーズン参戦する3つの戦い――カンピオナート・カリオカ(リオ州選手権)、カンピオナート・ブラジレイロ、コパ・ド・ブラジル(ブラジル杯)において、非ブラジル人で一番有名な選手となるはずだ。かつてCSKAモスクワ、そしてミランでプレーしたキャリアは無視できない。

 だがもちろん、ポジティブな反応だけではない。ブラジルのメディアはどちらかというと懐疑的だ。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「本田圭佑 + twitter」のおすすめ記事

「本田圭佑 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「本田圭佑 + SVホルン」のおすすめ記事

「本田圭佑 + SVホルン」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「宮市亮」のニュース

次に読みたい関連記事「宮市亮」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月4日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 本田圭佑 Instagram
  2. 本田圭佑 SVホルン
  3. 本田圭佑 twitter

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。