当事者が語る「巨人松沼兄弟獲得」大誤報の真実と根本陸夫の口説き文句

根本陸夫外伝~証言で綴る「球界の革命児」の知られざる真実
連載第8回
証言者・松沼博久(3)

前回の記事はこちら>>

 1979年の年明け早々に発売された野球週刊誌が、全国の書店から一斉に回収された。同誌には<江川に続く大逆転! 巨人松沼兄弟獲得>との記事が掲載されていたが、その一週間前の78年12月27日、松沼博久・雅之兄弟は西武入団を決断。すでに新聞各紙が伝えていたから、その記事は誤報となってしまったのだ。結果、次号には<松沼兄弟 大逆転で西武入団>と題したお詫び記事が載ったが、なぜ見切り発車されたのか。真相を兄・博久に聞く。

当事者が語る「巨人松沼兄弟獲得」大誤報の真実と根本陸夫の口説き文句

マウンドで松沼博久(写真左)に檄を跳ばす根本陸夫

「週刊誌の記者の人がオトマツ(弟・雅之)と知り合いだったんです。日米大学野球の時からね。それで僕らが巨人の長嶋(茂雄)監督に会ったという話を聞きつけて取材に来た。『長嶋さんと交渉したんだったら、決まりだろ?』って言われて。ただ、その時はまだ西武と交渉する前だったから、僕は肯定も否定もしなかった。オトマツは肯定したみたいだけど」

 たしかに記事にも、<締め切りが昨年暮れの25日午後。このギリギリの時点で、当事者である松沼兄弟に念を押し、巨人入りを確認した>とある。弟・雅之から<26日か27日には巨人と契約する、年内にも発表されるでしょう>と伝えられたことも記されている。

 だが、その直後の西武との交渉で「新生西武ライオンズを手伝ってくれ。オレが監督で、お前らふたりを使うから」と根本陸夫が言った。ふたり一緒に一軍でプレーしたいと望んでいた兄弟にとって、その言葉は”殺し文句”となった。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月5日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。