名古屋・相馬勇紀、1対1に絶対の自信。五輪代表の序列を一気に覆す

東京五輪を目指す若きフットボーラーたち(9)
名古屋グランパス・相馬勇紀@前編

 東京オリンピック本番を半年後に控え、まさかのグループステージ敗退に終わったU-23アジア選手権。不甲斐ない戦いに終始したなかで、数少ない光明が相馬勇紀のパフォーマンスだろう。

 サイドで1対1の勝負になれば、ほとんどの場面で相手を振り切り、クロスを上げた。固まりつつあった序列を一気に覆し、本大会のメンバー入りへアピールに成功した名古屋グランパスのスピードスターに迫る。

「東京五輪を目指す若きフットボーラーたち」(1)から読む>>>

名古屋・相馬勇紀、1対1に絶対の自信。五輪代表の序列を一気に覆す

FW相馬勇紀(そうま・ゆうき)1997年2月25日、東京都生まれ。早稲田大学出身

―― 昨夏、相当な覚悟を持って鹿島アントラーズに期限付き移籍して、今回戻ってくるにあたっても、同じように相当な覚悟があるのではないかと思います。

相馬勇紀(以下:相馬) 夏に東京五輪があるので、「意識してない」と言ったら、変になりますよね。でも、五輪のために毎日過ごすわけではなくて。意識はするけれど、成長して戻ってきたところを見せたい。ここ(名古屋グランパス)でしっかり活躍して勝利に貢献したい。その結果として、五輪がついて来ると思っています。

―― 鹿島ではケガをしてしまい、思うようにプレーできませんでした。鹿島に行ったのも、五輪を意識して出場機会を得たかったからだと思うので、かなりつらい時間だったのではないかと想像します。あの時期、自分自身とどう向き合っていたのですか?

相馬 でも、ポジティブに捉えていますよ。もちろん、プレーしたかったというのが本音ですけど、プレーできなかった期間にあらためて、どうすれば活躍できるのか考え直すことができた。何十年も上位に居続けて、タイトルを獲り続けているクラブの雰囲気や姿勢は、鹿島に行かないと感じられないものでしたね。

 それに、風間(八宏/前名古屋監督)さんから技術面をかなり鍛えてもらったぶん、鹿島の練習に入っても相手のプレッシャーをあまり感じなかったんですよ。それも、外に出て初めて気づけたことでしたし。これまでは得意だったけど忘れかけていたものにも気づけた。だから、よかったと思うことはたくさんありますね。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「名古屋グランパス + 移籍」のおすすめ記事

「名古屋グランパス + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「名古屋グランパス + 風間八宏」のおすすめ記事

「名古屋グランパス + 風間八宏」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月6日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 名古屋グランパス 移籍
  2. 名古屋グランパス 風間八宏

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。