ヴィッセル神戸、ゼロックス杯初優勝。新戦力躍動も今季の課題が表出

 9人連続失敗というジョークのような流れのなか、ヴィッセル神戸の7人目のキッカー山口蛍は事もなげにボールを蹴り込んだ。

 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUPは、攻撃的なチーム同士の対戦とあって激しい打ち合いとなった。

ヴィッセル神戸、ゼロックス杯初優勝。新戦力躍動も今季の課題が表出

PK戦を制して今季1冠目を獲得したヴィッセル神戸

 お互いに3点ずつを奪い合い、90分間では決着がつかず、勝負はPK戦に突入。これをモノにした神戸が勝利を収め(なんと7人ずつが蹴ってPK3−2と、90分の試合よりもロースコアだった!)、この大会の初優勝を飾っている。

 リーグ王者の横浜F・マリノスと対戦した天皇杯覇者の神戸は、元日の決勝戦のスタメン9人が先発に名を連ねた。毎年のように大型補強でストーブリーグを賑わせてきたが、今オフは不気味なほどに静かだった。

 ダビド・ビジャ(引退)、ルーカス・ポドルスキ(アンタルヤスポル)と2枚看板が抜けた一方で、攻撃面での即戦力は清水エスパルスから引き抜いたドウグラスのみ。初のリーグ優勝を目指し、初めてACLに参戦するチームとしてはやや心もとない補強策と思える。


 だが、それゆえにこの新戦力にかかる期待は大きい。ドウグラスがいかに融合できるかが、神戸にとっての重要なテーマだっただろう。

 結論から言えば、このブラジル人ストライカーは及第点以上のパフォーマンスを示した。27分、アンドレス・イニエスタのマジックのようなスルーパスに反応し、得意の左足で先制ゴールを奪ったのだ。

 J1通算46得点を記録する決定力だけでなく、身体の強さを生かしたポストワークや、昨季の神戸にはなかった高さをもたらし、攻撃のバリエーションの増加に期待が持てる出来だった。前線でコンビを組んだ古橋亨梧が「ゴール前での強さがある」と言えば、酒井高徳も「裏に抜ける動きも得意だと思うので、チームとして生かしていきたい」と、この新たなエース候補に期待を寄せている。

 新戦力が示した可能性だけではない。イニエスタは変わらず高品質のパフォーマンスを約束し、最終ラインに君臨するトーマス・フェルマーレンの安定感も際立った。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ヴィッセル神戸 + 移籍」のおすすめ記事

「ヴィッセル神戸 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「ヴィッセル神戸 + ルーカス・ポドルスキ」のおすすめ記事

「ヴィッセル神戸 + ルーカス・ポドルスキ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月9日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. ヴィッセル神戸 イニエスタ
  2. ヴィッセル神戸 ルーカス・ポドルスキ
  3. ヴィッセル神戸 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。