羽生結弦がスーパースラムを達成したいま、楽しみにしていること

羽生結弦がスーパースラムを達成したいま、楽しみにしていること

四大陸選手権で初優勝した羽生結弦

 韓国のソウルで行なわれた四大陸選手権の最終日、男子公式練習で4番目の曲かけ練習だった羽生結弦は、曲かけを行なわずに開始15分後にリンクから上がった。体のキレもよく、気力もあふれ出して好調さを感じさせた。

 羽生は4回転トーループ+1オイラー+3回転サルコウを難なく決め、4回転サルコウもきれいに決めると、その後はトリプルアクセルから3回転フリップも跳び、フライングキャメルスピンまで続けた。

 ジャージを脱いでからは3回転ルッツを2回跳び、そのあとは冒頭に予定している4回転ルッツにトライ。6回目にきれいに決め、そのまま次の4回転サルコウまでつなげた。その後再びジャージを着ると、4回転トーループ+3回転トーループと、4回転ルッツに入るコースを確認してリンクを後にした。

 この日の男子フリーは11時30分から開始。22番滑走の羽生の出番は午後3時00ごろのため、一度ホテルに戻ってから午後1時半には出発しなければいけないことを考えれば、練習をフルにやると2時間弱しか休めない。そんなスケジュールだからこそ、体力温存を考えて曲かけ練習を回避したのだろう。

 羽生は本番前の6分間練習でも好調で、4回転トーループ+3回転トーループと4回転サルコウを決めると、ルッツの入りを確認して3回転を跳んだあとに4回転ルッツもきれいに決め、あとはコースを確認するだけにとどめていた。

 4分に短縮した『SEIMEI』の冒頭のジャンプを4回転ループから4回転ルッツに変えたのは、昨季から悩まされていた氷のコンディションに対応するためだ。羽生は昨季の世界選手権で「エッジ系のジャンプは氷の状態の影響を受けやすい。それが少ないトー系のジャンプを入れることを考えなければいけない」と話していたが、今季も前半戦はループで苦しんでいた。

 新たな『SEIMEI』を完璧なものにするためにも、「やっている年数はルッツとループは違うし、経験値の差はあまりにも大きいので、そこを埋めていかなければいけないと思いますが、体が動けばある程度は跳べるジャンプでもある」と考え、経験値より可能性を選んだ。

 四大陸選手権はそんな『SEIMEI』を披露する場だったが、羽生は思わぬアクシデントに惑わされた。前のチャ・ジュンファン(韓国)の演技が終わってリンクに上がった羽生は、フェンス際の氷の状態を見てから右手をあげてアピールして審判席に向かった。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月11日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。